番組審議会Corporate Profile

第512回 瀬戸内海放送番組審議会

  • 開催日

    • 2021年5月11日(火) 午後3時~午後4時
  • 内容

    • 報告事項
      4月度視聴者応答状況、2020年10月から2021年3月の放送番組種別について、その他
      審議テーマ
      『Is this もん芸!?MEGUMIもうっとり♡クリオネの尺』
  • 出席委員

    • < 出席委員 > < レポート出席委員 >
      • 野﨑 泰彦 委員長
      • 藤原 加奈 副委員長
      • 磯打 千雅子 委員
      • 徳永 夕子 委員
      • 合田 恵梨子 委員
      • 犬養 拓 委員
      • 木下 幸治 委員
      以上7名
      • 西崎 明文 委員
  • 主な意見

    • 『Is this もん芸!?MEGUMIもうっとり♡クリオネの尺』
      • MEGUMIの起用は、リアクション・受けコメントも素晴らしく、また安定感があり好感が持てた。
      • 東京ホテイソンというコンビに馴染みがなく、「クリオネの尺」がどう言う意味なのか分からなかった。
      • 好適環境水を開発した山本准教授は、難しい言葉を使わず分かり易い説明でとても興味が持てた。もっと深堀して欲しかった。
      • 断面映えするフルーツサンドは、店舗地図があればいいと思った。番組を見て、視聴者が行動に移すような番組作りをして欲しい。
      • 英語の達人として紹介された小学生は、独学で勉強したと知りすごいと思った。スピーチコンテスト優勝や、後楽園で外国人観光客のボランティアガイドとして社会貢献する姿など切り口にして、もっと特別感が出せたらよかったのでは?
      • 8段切りした食材は誰が食べたのか?フードロス的な観点から気になった。
      • 地元の紹介は刺激になる。意外性・新鮮味があってよかった。
      • 東京ホテイソンが、山本准教授が開発した技術の凄さを熱く語る場面が印象に残った。宇宙での養殖も夢ではないと感じた。
      • フルーツサンドの人気店のスゴ技や、英語ペラペラスーパーキッズの天才ぶりについても楽しく拝見できた。

      以上