代表メッセージ

MESSAGE

テレビ、ラジオなどのマス媒体が大きな変革期を迎えています。
KSBはこれまで、社員の採用・育成や中長期を見据えた組織運営改革に業界の先駆けとなって取り組んできました。
その成果として生み出した高い収益性と財務基盤はメディア業界でトップクラスと自負しています。
そして何よりKSBの最大の強みは、やる気と才能にあふれたリーダー人材が着実に育っていることです。
私たちはマスコミを取り巻く現在の厳しい環境をさらなる創造と改革の好機ととらえています。
地域に根ざした放送局としての強みを生かしたデジタルビジネスを生み出すため、一人ひとりの社員の創造性を引き出してイノベーションを生み出すためのプロジェクトを進めています。
そのような取り組みから生まれた新しいデジタルビジネスを力強く実現していくためにも、新卒はもちろんのことさまざまな業界からの中途採用を強力に推し進めています。
若手やさまざまな経験者の新鮮な視点と、KSBがこれまで培ったメディア運営ノウハウや地域でのブランド力をつなぎ合わせることにより、次世代に向けた成長のエンジンとなる新規ビジネスが生まれることを確信しています。

経営理念

新社屋

NEW BUILDING

新社屋

NEW BUILDING

開局50年を迎え、この秋、
私たちKSBは第二の開局ともいえる新社屋への移転・放送開始をおこない、次の50年に向けた取り組みの第一歩を踏み出します。

新社屋は、
ズバリ、
『アイディアが次々と生み出される』
『居心地のよい』
そんなコンセプトを体現した全く新しい放送局を目指しています。

<新社屋の機能について>
  • コワーキングカフェ、素足ルーム、プロジェクトルームなど、社員同士の出会い(Encounter)を誘発する多様なコワーキングスペース
  • 社員食堂、マインドフルネスルームなど、心身ともにリラックスできる空間
  • 地域の人とつながり、KSB のメディアとしてのノウハウを生かした情報発信をおこなうエントランスホール
  • ラジオメディアである、エフエム香川とのコラボレーション
  • 四季の移ろいを感じられる中庭庭園を囲んだ居心地がよい、シームレスな執務空間
  • 地震等の災害にも強い免震構造の採用、災害時の放送継続に耐えうる自家発電設備、万が一に備えた上下水の貯留設備

デジタル対談

DISCUSSION

ユニット紹介

INTRODUCTION

地域の人たちを見つめ、課題を掘り起こす

岡山・香川の「今」を切り取るニュース取材や情報番組、ドキュメンタリー番組の制作などに取り組んでいます。
こだわっているのは「独自ネタ、独自の切り口」です。
ユニークな人や企業の取り組み、街の動きをいち早くキャッチ。
地域の課題を掘り起こして、議論や対話を巻き起こすことも目指しています。
多くのスタッフが高いプロ意識を持って、チームワークで番組づくりにあたっています。

クライアントのマーケティングパートナー

テレビCMのセールス・プランニングだけではなく、複数のメディアを活用したり、番組やイベント・企画のプロデュースに携わるなどして、クライアントのニーズに応えるためのマーケティングソリューションを提供しています。
クライアントのマーケティングパートナーとして、地域経済と文化の発展に貢献しています。

2020年のその先の、ローカル放送局のカタチを作る!

経営企画ユニットは、瀬戸内海放送の未来のカタチを考え、そこに向かってグループ全体の情熱や知恵を引き出し、アクティベートしていく組織です。
どんなに大きな環境変化に翻弄されても、私たちが揺らぐことなく大切にしなければならないのは、お客様から愛され、信頼されることです。従来の放送局の発想にとらわれず、デザイン思考の手法を取り入れることで、お客様の行動を観察し、お客様の困りごとに共感しながら、イノベーションを起こすことを追求しています。イノベーションの先にあるもの、それは、この地域の良さに気付き、この地域を愛してやまない人が一人でも多く増えることです。その時、ローカル放送局と地域のお客様との新しいつながり方が見えてくると信じています。

ビジネス拡大のために社内調整する営業『相棒!?

営業に寄せられたニーズを、CMや番組などによって、商品として提供するユニットです。
期間やターゲットなど、様々な条件に沿って、CMや番組を放送する日時等を調整したり、広告効果が上がり、他社よりKSBを優先して選んでもらえるよう、様々な付加価値を提案したり、契約どおりに放送するための準備や管理を行っています。
クライアントの商品やサービスを視聴者に伝える、情報番組をプロデュースするのも仕事です。

メディアとコンテンツの価値を最大化する

テレビ、デジタルなどの自社メディアで扱うコンテンツの編成や、企画開発、プロデュース、広報を行います。
「スパーキー」「ストライ君」といった自社キャラクターの運用や、「LOVE!@瀬戸内海プロジェクト」などのブランディング活動、生活者のニーズを知るための調査も行っています。
視聴率やユーザー数などの指標と日々向き合いながら、メディアとコンテンツの価値を高めるための取り組みを進めています。

テレビ局を支える縁の下の力もち

技術ユニットは主に、『マスター』、『送信』、『制作技術』の3つの業務で構成されています。
番組制作に関わる仕事はもちろんのこと、送信所、中継局、放送機材のメンテナンスや、新しい技術を備えた設備の導入検討、放送用電波の管理なども行っています。
岡山・香川の視聴者にKSBの番組を高品質な状態で安定してお届けするために日々奮闘しています。

会社・社員の中長期的な成長をサポート!

会社の管理部門として、会社運営や各ユニットの円滑な業務遂行をサポートしています。
主な役割としては、環境の変化に対応しながら会社と社員の成長を実現するための各種制度の設計、新たなチャレンジを行うためのハード・ソフトへの投資、人材の活用や社員の成長を支援する教育研修の実施、財務戦略の立案と実行、グループ会社のサポートなど、様々な取り組みを行っています。
また社員が交流を深めるための社内イベントの企画など、働きやすくなる環境作りにも積極的に取り組んでいます。

インタビュー

INTERVIEW

  • KSB50周年記念サイト

    次の50年に向けて“伝える”ことにこだわり続け、地域の“おもしろい”を次へと進化させていくことを大切にし、地域のみなさまがより楽しめる企画が続々と登場していきます。

  • この先も、瀬戸内海と

    大人だけでなく、子供が海に興味を持ち、海が好きになり、海を楽しめるきっかけを作りたい・・・
    瀬戸内海放送は、瀬戸内海のいろんな映像を独自の切り口で記録、発信していきます

  • 防災事典

    知っておくと得する豆知識や、インタビューコラムなどを掲載!楽しみながら、防災について一緒に考えましょう。注意報・警報や避難情報などの緊急情報もお伝えします。

採用情報

RECRUIT

2020.03.30
2021年度新卒採用のエントリーシート提出は、3月29日(日)で締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

新卒採用

2021年度新卒採用情報については、
リクナビ2021の当社ページをご覧ください。

今後の採用スケジュール(予定)は以下の通りです。
この度当社では、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を踏まえ、採用スケジュールを以下の通り変更しております。
状況によっては、再度今後のスケジュールが変更となる可能性がございます。
(その場合は、リクナビ及び当ページにてお知らせします。)

  • まずは就職サイト
    リクナビからエントリー
    このサイトを見て、ちょっとでも面白そうだなと思ったら、ぜひエントリーしてください。
  • リクナビ
    OpenESを記入して応募
    3/29(日)応募締切、当社独自の質問があります。
  • 適性検査
  • 面接東京・岡山で行います。
  • 二次面接高松で行います。
  • 役員面接高松で行います。

中途採用

随時、総合職の中途採用を行っております。