番組審議会Corporate Profile

第496回 瀬戸内海放送番組審議会

  • 開催日

    • 2019年10月4日(金) 午後3時~午後4時
  • 内容

    • 報告事項
      8月度視聴者応答状況、その他
      審議テーマ
      『ヒルペコ 祝☆ゴールデン初進出スペシャル』
  • 出席委員

    • < 出席委員 > < レポート出席委員 >
      • 尾﨑 勝 委員長
      • 田代 健 副委員長
      • 藤原 加奈 委員
      • 桝井 政則 委員
      • 西崎 明文 委員
      以上5名
      • 磯打 千雅子 委員
      • 野﨑 泰彦 委員
      • 徳永 夕子 委員
  • 主な意見

    • 『ヒルペコ 祝☆ゴールデン初進出スペシャル』
      • 番組中の食べ物が美味しそうで、取り上げている料理のバランスも良く、どのお店にも行ってみたいと感じた。アナウンサーのゲスト2人のコメントが的確で視聴者にも分かりやすかった。
      • 番組を見終わった第一印象は非常に面白く、番組の内容構成、ゲストの選定などもよく考えられていると感じた。番組のテンポは良かったが、少し全体として間延びした印象を受けた。お店の方の情報や、店にかける思いなどについて、もう少し詳しく紹介してほしかった。
      • 全国区のアナウンサーをゲストに迎え、岡山・香川の地元の味の評価が聞けたことは非常に新鮮で興味深かった。一方で、ゲストの特性が強く出すぎて、取り上げたお店の情報や料理の印象が薄まったようにも感じた。
      • 岡山・香川の特産品、名所、旧跡などを案内しながら、飲食店を紹介しており、地元の視聴者にとって楽しい番組だったと思う。近藤サトさんの屋島での源平合戦の朗読は、非常に上手く感動した。
      • ベテランのアナウンサーゲスト2人とKSBの新人アナウンサーの構図が良かった。番組は楽しく見られたが通常30分番組のためか、1時間の放送になると少し長いと感じた。真壁さんのリアクションからは、食べたものの美味しさが非常によく伝わった。
      • さらっと見るにはそつなくできていたが、伝えたいテーマや特別に伝えたいことについては感じられなかった。今後も地方局ならでは、KSBならではの作品を模索されることを期待したい。
      • アナウンサーゲストのコメントが面白く進行もスムーズだった事もあり、お二人が紹介しておられたお店は魅力的に感じ、総括的にどのシーンも楽しく視聴できた。真壁さんが出ておられる時間について、かなり違う印象となってしまい、統一感のなさに少し疑問を感じた。
      • 真壁さんのコメントからは、スイーツをこよなく愛しておられることが伝わってきた。画面には出てこなかったが、リポーターの方との掛け合いも面白かった。

      以上