KSB FM香川アナウンススクール

インタビュー

写真

[地方局アナウンサー内定]
嶋村 采音 さん

受講クラス:基礎科I・試験対策科・就活サポート科

アナウンサーを目指したきっかけは何ですか?

最初にアナウンサーになりたいと思ったのは、小学2年生の頃です。テレビを見ているとアナウンサーが色々なことを教えてくれて、キラキラしていていいなと思ったのがきっかけです。大学に入学したときには、教育学部を選んで先生になろうと思っていたのですが、夢を捨てきれず、東京のアナウンススクールに参加したことが転機となり、「好きなものを仕事にしないと人生無駄にしてしまうな」と思い、アナウンサーを目指すことにしました。

なぜKSB FM香川アナウンススクールを選んだのですか?

テレビ局が運営しているスクールだからです。アナウンサーが授業を教えてくれるし、テレビ局の情報も知れる。アナウンサー内定に、1番近い存在だと思ったので選びました。

基礎科Iでは様々な年代の方と一緒に授業を受けられたと思いますが、どうでしたか?

私は、中学校・高校と放送部に入って、文章を読んだりドキュメントを作ったりしていました。中・高と習っていたからこそ変な癖がついている部分があったのですが、習ったことのない人の話し方を聞いて、自分の読み方が変だなと気づくことができたので、色々な方と一緒に学ぶことは大切だなと思いました。また、上の世代の方が、「上手だね」と声をかけてくれたり、視聴者目線で気づきを教えてくれたりするのもすごく良かったです。

試験対策科の1期生として受講してくれました

仲間が近くにいたことが良かったなと思います。地方にいると、どうしてもアナウンサーを目指している人が少ないのですが、切磋琢磨しながら学べたので良かったです。

スクールで学んだことでアナウンサー試験に生かされたことは何ですか?

やっぱり発声練習が一番だと思います。また、原稿読みの練習もとても生かされました。原稿読みをする時、よくつまずいてしまうんですが、気にせずに読んでいいということをスクールで学んできたので、自信が持てたのかなと思います。

リモート面接で大切なことは何ですか?

最初の頃は、自然光を正面から当てるのではなく、横から当てることで顔を細く見せるなど、見た目のことをかなりこだわっていました。そういう工夫も必要だと思いますけど、しっかりと喋れるようにすることが対面でもリモートでも必要なことなのではないかなと思います。

アナウンサー内定を勝ち取った要因は何だと思いますか?

飾っていなかったこと、何も隠さずに伝えたことですかね。自然体だったことかな……でも正直分かりません。

どんなアナウンサーになりたいですか?

視聴者に愛されるアナウンサーです。自分で現場に行き、人の声を拾い、それをスタジオにいながらもコメントでしっかりと伝えられるアナウンサーになりたいと思います。

アナウンサーを志望する方にメッセージをお願いします!

飾らずに自分らしさを出して話すことを大切にしてほしいと思います。ただ実際は難しいんですよね。だから場数を踏んで、話す経験を増やすことが一番大切なことだと思います。そうしたら本番で言い方を間違えてしまっても、修正しながら話すことができると思うので、自分らしく話すことができるのかなと思います。

※撮影時のみマスクを外しています。