KSB FM香川アナウンススクール

インタビュー

写真

[KSB番組MC・リポーター]
岡﨑 夢 さん

受講クラス:基礎科I・基礎科II

現在のお仕事を教えてください

Newsジェニックヒルペコ・MC業・リポーター業・司会・ナレーション・声優・女優業など様々なお仕事をしています。

現在のお仕事のやりがいは何ですか?

人にたくさん出会えることです。色々なところに行き、色々なことを知れるというのもありますけど、この仕事をしていなければ絶対に出会えなかったような方々にインタビューして、刺激をもらっています。そこからご縁を頂いて、また新しい仕事に結びつくこともありますね。

インタビューで心がけていることはありますか?

テンションを相手にうつすようにしています。緊張感のある現場で全体の空気感が重いと、インタビューしにくく、インタビューされる方も本当の姿が出ない気がするので、出来るだけそうならないようにテンションだけは落とさず、相手を巻き込むようにしています。

昔から人前に立つ職業に憧れていたのですか?

全然憧れはありませんでした。高校を卒業してすぐ、事務の仕事をしていたのですが、仕事が合わず、1年で辞めました。ちょうどその時、“備前焼小町”という備前焼をPRする仕事の募集を見つけ、受けたら合格したんです。備前焼の先生と一緒に全国各地をPRで回ることが、すごく楽しくて、ありのままの自分に戻れた気がしました。この経験が、人前に立つ仕事を考え始めるきっかけになりました。

スクールに通われたきっかけを教えてください

宝くじ“幸運の女神”として活動していた時、にこまるinfoに出演しました。その後、リポーターとして活動することになったのですが、話し方に関する勉強をほとんどしたことがなかったので、行ってみたいなと思い、受講を決めました。

スクールで学んだことで、現在生かされていることはありますか?

私、本当に緊張しやすい性格なんですよ。スクールで、緊張しやすい性格はどうすれば改善できますかと質問した際、「緊張するのは、自分のことをよく見せたいからだから、そう思わないようにしなさい」と先生に言われて、まさにそうだと思いました。
今は、間違えないように読もうという気持ちを1回忘れて現場に臨むようにすると、緊張がほぐれるようになりましたね。
また、視聴者の皆さんがどういう気持ちで観ているのかを想像して、意識をそちらに向けるようにもしています。

スクールに通って一番良かったことは何ですか?

ピンポイントで弱点を教えてもらえたことです。私だとサ行が弱いところや、早口になってしまうところなのですが、それを知っているか知らないかでは全然違うと思うので、そこを知れたことが良かったと思います。

宝くじ「幸運の女神」や「備前焼小町」など、熾烈なオーディションを勝ち抜けた理由は何だと思いますか?

とにかく自分らしくいたことですかね。
変に飾って、「きれいに言おう!」「かっこつけたことを言おう!」とはせず、自然体でオーディションに臨んでいました。
面接の担当者からは後日、「素直そうなところが良かった」と言われましたね。

人前に出る仕事を志す方へメッセージをお願いします

やはり、自分らしくいることが一番です。無理に背伸びをしたり、つくったりしないことが大切だと思います。誰かになろうとするのではなく、自分がどうなりたいか。また、自分が客観的に見てどういうキャラなのかを考える。自分のことをしっかりと理解することも大切だと思います。

※撮影時のみマスクを外しています。