ホーム > 報・動・力 > 第54回 高松空港の民営化 成功のカギは

報・動・力 毎月第3土曜日 深夜0時45分から放送 ~地域を動かす力に~

報道には、人を、街を、社会を動かす力がある─エリアで問題になっていることや地域の人々が悩んでいることから毎回テーマを設定。若い人たちと共に地域の今と未来を考え、エリアの人と人をつなぎ、声を掘り起こし新たなムーブメントを起こす!

報・動・力で『取り上げてほしいこと』『知りたいこと』募集!!

>>詳しくはこちら

ナビゲーター:多賀 公人

岡山県玉野市出身。
KSBスーパーJチャンネルのキャスター
「人と人、地域と地域の懸け橋となりたい。」

写真:多賀 公人

テーマ

2017年9月16日放送

第54回「高松空港の民営化 成功のカギは」

来年4月、高松空港が国管理の空港として2例目の「民営化」を迎える。
民営化により、新たな路線の誘致や空港ビルの利便性向上などに期待がかかる。

しかし、そもそも「空港の民営化」とは何なのか知られていないのではないか。
番組では、すでに民営化している仙台空港の事例から学ぶとともに、
高松空港民営化の優先交渉権者となった三菱地所の事業計画を紹介。

専門家の意見を交えながら
「高松空港民営化を最大限に生かす方法」
を考える。

<出演>
多賀公人
慶応大学 加藤一誠 教授
香川大学 西成典久 准教授
香川県観光協会 三矢昌洋 会長
ほか

報・動・力バックナンバー