ホーム > 報・動・力 > 第52回 衰退続く…宇高航路の行方

報・動・力 毎月第3土曜日 深夜0時45分から放送 ~地域を動かす力に~

報道には、人を、街を、社会を動かす力がある─エリアで問題になっていることや地域の人々が悩んでいることから毎回テーマを設定。若い人たちと共に地域の今と未来を考え、エリアの人と人をつなぎ、声を掘り起こし新たなムーブメントを起こす!

報・動・力で『取り上げてほしいこと』『知りたいこと』募集!!

>>詳しくはこちら

ナビゲーター:多賀 公人

岡山県玉野市出身。
KSBスーパーJチャンネルのキャスター
「人と人、地域と地域の懸け橋となりたい。」

写真:多賀 公人

テーマ

2017年7月15日放送

第52回「衰退続く…宇高航路の行方」

1910年の宇高連絡船の就航後、
1世紀以上にわたって宇野と高松をつないできた宇高航路。
1988年に瀬戸大橋が開通し、連絡船は廃止されたが
民間のフェリー会社3社が24時間運航を続けていた。
しかし橋の通行料金が大幅に下がった影響で
1社が廃止、1社が休止、現在は1社だけとなっている。
残った1社も赤字経営が続いて今年4月、1日5往復に減便した。
利用客、運航会社、地元自治体、地元住民の話を聞きながら
宇高航路の役割を検証し、新たな活用方法や存続の可能性を探る。
明石海峡大橋と関門橋の近くで、フェリー廃止後も
運航を続ける高速船の取り組みも取材。


<出演>
多賀公人

堀川満弘(四国急行フェリー社長)
黒田 晋(玉野市長)
三村卓也(宇高連絡船愛好会会長)
中田捷太(玉野市出身・香川大学生)
萩原幹生(元宇高連絡船船長)
尾坂金吾(元四国フェリー船長)
ほか

報・動・力バックナンバー