ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

〈新型コロナ〉熊本に豪雨応援派遣の高松市の保健師が感染 知事「事前のPCR検査を検討」

2020年07月14日 18:15

 熊本県の豪雨被災地に応援派遣されていた高松市の男性保健師が、新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。

 高松市職員の30代の男性保健師は、7月8日から11日にかけて熊本県の人吉保健所管内の避難所で健康相談などにあたっていました。12日に香川県に戻り、13日、陽性が確認されましたが、症状はなく2回目の検査では陰性でした。

 香川県では、職員の派遣前にPCR検査を行っていませんでした。

(香川県/浜田恵造 知事)
「機動性を欠く面もあるかもしれませんが、現地でもご心配をされるということがないように事前の検査を検討していきたい」

 熊本県は、男性保健師が活動した避難所の希望者371人に検査を行っていて、これまでに226人の陰性が確認されています。

 高松市は職員の感染を受けて14日午後、対策本部会議を開きました。
 この中で、大西市長は熊本県や人吉市などへのふるさと納税の代理寄付を受け付ける準備を進めていることを報告しました。

(高松市/大西秀人 市長)
「被災者の方々に検査を受けていただくなど、かなりご心配ご迷惑をおかけしているということで、少しでも被災地を応援する気持ちを表したい」

 男性保健師の濃厚接触者は、香川県から派遣された県と市の職員5人で、すでに検査を受けた同じ班の2人は陰性でした。別の班の3人のほか、男性保健師と同じ係に勤務する高松市の職員ら9人も検査を受けていて、14日にも結果が判明する見通しです。

〈新型コロナ〉岡山市の30代女性が感染 海外渡航歴や県外移動なく感染経路は不明
(7月14日 20:30)
【速報】〈新型コロナ〉岡山県で28人目 岡山市30代女性の感染確認
(7月14日 18:15)
〈新型コロナ〉売り上げが落ち込んだ中小企業を支援 10万円か20万円を支給する「販売促進補助金」の申請スタート 岡山市
(7月14日 18:15)
〈新型コロナ〉宴会利用が激減する中…「新しい宴会スタイル」をホテルが提案 高松市
(7月14日 18:15)
〈新型コロナ〉J3カマタマーレ讃岐 観客入れた試合開催へ スタジアムで感染防止対策
(7月14日 18:15)
〈新型コロナ〉熊本に豪雨応援派遣の高松市の保健師が感染 知事「事前のPCR検査を検討」
(7月14日 18:15)
岡山県で強い雨 新見市などで一時避難勧告、多くの学校が臨時休校
(7月14日 18:15)
西日本豪雨で堤防が決壊した小田川 「氾濫危険水位」に到達、真備町で一時450人以上の住民が避難 岡山
(7月14日 18:15)
西日本豪雨で被災した人の孤立を防ごう 医療・福祉事業者らが冊子を発行 岡山・倉敷市
(7月14日 18:15)
蒜山高原に広がるトウモロコシ畑 甘いスイートコーンの出荷が始まる 岡山・真庭市
(7月14日 18:15)
甘く育ったメロンを収穫!小学生が地元の作物を学ぶ 香川・小豆島町
(7月14日 18:15)
豪雨災害時の救助活動に…水陸両用車「ARGO」を四国初導入 香川県警
(7月14日 16:35)
岡山、香川で運航する小豆島3航路 「海の日」からの4連休、小学生のフェリーの運賃を無料に 岡山
(7月14日 16:35)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】新型コロナの影響で受診者が減る「がん検診」 検診の現状と課題は? 岡山

2020年09月17日 18:50

 今年は新型コロナウイルスの影響で、がん検診を受ける人が大きく減っています。岡山県でも4月から7月までの受診者は、例年の約2割まで減りました。
 こうした状況で心配されているのは、がんのリスクが上がることです。早期発見が大切な「がん」。検診の現状と課題に迫ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース