ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

西日本豪雨から2年、自分に何ができるのか… 豪雨の経験を改めて考え模索を続ける住職 岡山・倉敷市

2020年07月07日 18:15

 西日本豪雨から2年、自分に何ができるのか模索を続けている住職がいます。倉敷市真備町の寺で犠牲者を追悼する法要が行われました。

(金峯寺/青山光忍 住職)
「毎月欠かさず拝んでます、それが役割ですから」

(西日本豪雨で母を亡くした 松村好美さん)
「2年前のきょうに戻れたら母を助けることができたんじゃないかと、やっぱりこういう日を迎えるとつらい気持ちがいっぱい出てくる」

 真備町で5日に行われた追悼行事です。

(青山光忍 住職)
「あの悲しさからみんなが立ち上がっていってほしい。必死になって拝みました」

(豪雨で親戚3人を亡くした 片岡恵美子さん)
「地域の皆さんやお寺さんやいろいろな方にお世話になってやっとここまでこられた。少しほっとした面もあるし、いろいろ悔いが残る面もあるし」

 住職として多くの被災者と接してきた青山さん。西日本豪雨の経験について改めて考え、自分にできることを模索しています。

(青山光忍 住職)
「真備町でも(避難所には)収容しきれない数になってる。たまたま金峯寺は高台にありますけれど、緊急避難の避難所になれれば」

 青山さんは西日本豪雨の後、寺の裏に災害用のテントを設営しました。

(青山光忍 住職)
「その奥にうどんの炊き出し用のセットがあります」

 ブルーシートや土のう袋など避難してきた人の役に立つ物を集めています。

(青山光忍 住職)
「小さな一歩でも前へ進めていかなければいけませんので、地域のみんなとともに生きていく寺に生まれ変わればという思いですね」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】新型コロナの影響で受診者が減る「がん検診」 検診の現状と課題は? 岡山

2020年09月17日 18:50

 今年は新型コロナウイルスの影響で、がん検診を受ける人が大きく減っています。岡山県でも4月から7月までの受診者は、例年の約2割まで減りました。
 こうした状況で心配されているのは、がんのリスクが上がることです。早期発見が大切な「がん」。検診の現状と課題に迫ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース