ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

きっかけは「姉の死」 岡山空襲犠牲者の実数を20年以上調査を続けてきた男性

06月29日 18:15

 6月29日は「岡山空襲の日」です。75年前、多くの人が亡くなりました。岡山空襲の犠牲者の実数を明らかにしようと長年、調査を続けてきた男性を取材しました。

(辻野喬雄さん)
「ドーンいうたからばっと見上げたら、ちょうど真上か東寄りに花火が開いてるんです」

 岡山市の辻野喬雄さん、87歳。75年前のあの日、自宅で眠っていたところを母に起こされ、家の外に飛び出しました。

 1945年6月29日未明、アメリカ軍の爆撃機が落とした約9万5千発の焼夷弾で、岡山市の市街地の約6割が焼失しました。

(辻野喬雄さん)
「ドーンとちょっと地面に当たって、どっがーんと爆発音がしたんです」

 辻野さんは焼夷弾が雨のように降る中、姉の昭子さんと近所の池に飛び込みました。

(辻野喬雄さん)
「大勢来てましたよ、皆こうやってばちゃばちゃ水かけて、とにかく火を消した」

 姉の昭子さんはこのときの足の傷が原因で破傷風にかかり、約2週間後に亡くなりました。まだ16歳の若さでした。

(辻野喬雄さん)
「今みたいに戦争中は兄弟でも遊ばんからな、4つ離れてればなおのこと。でも可愛がってはくれとったんじゃろうな」

 姉の昭子さんを含めて多くの人が亡くなった岡山空襲。岡山市では過去に市や岡山県がまとめた資料から犠牲者の数を「少なくとも1737人」と公表しています。

 しかし辻野さんは、犠牲者の実数を明らかにしようと20年以上調査を続けてきました。

(辻野喬雄さん)
「1737人とはいかなる根拠の数字かというのが最初からあいまいだったんです。やっぱり死者への追悼、空襲の実態を正確に後世に伝えたいと」

 辻野さんが注目したのが、1960年発行の「岡山市史 戦災復興編」に記載されている死者の収容数をまとめた表です。
 現在の戸籍法では災害などが起きた時、遺体を取り扱った警察署は市町村に死者の数を報告する必要があると定めています。死者の数は「岡山東署」「岡山西署」「その他」に分けられ、空襲があった年の8月6日までの合計が1737と記されています。

 これは岡山市が公表している犠牲者の数と同じです。

(辻野喬雄さん)
「死者表の8月6日で1737と(岡山市が)根拠にしとるとしか考えられない。1737とは死体収容所で8月6日まで閉鎖されるまであった、警察が検死して警察署長報告を書いた死者にすぎないという結論をした」
 
 辻野さんがこう考えた理由の一つに「姉の死」がありました。岡山空襲で足にけがをした姉の昭子さんは、岡山市から現在の吉備中央町にあった親戚の家に疎開しました。
 しかし空襲から2週間後の7月12日に亡くなりました。

(辻野喬雄さん)
「普通死んだら身内が医者の診断死亡届出して籍を落とすわけですけど、姉の戸籍は金川警察署長報告で戸籍抹消している。金川警察なら三つの分類の「その他」になる」

 死者収容数の表の「その他」の欄を見てみると7月6日に「13人」と記された以降、記載がありません。その後、7月12日に亡くなった昭子さんは表に書かれた死者1737人に含まれていなかったのです。

(辻野喬雄さん)
「死体収容所にいってない警察署長報告はこれに入っていない、確証が取れた」

 さらに辻野さんが調べたところ、近所に住んでいた4人も表に書かれた死者数に含まれていないことが分かりました。

(辻野喬雄さん)
「家族4人(の死亡届)は父親が処理しているから警察署長報告ではない、戸籍を確認して返事をくれた。1737以外の空襲で死んだ人があるということが4人にしてもはっきりした」

 辻野さんは姉や近所の人のように、死体収容所に運ばれることなく命を落とした人がもっといたはずだと考えています。
 しかし岡山空襲から75年がたった今、正確な数を知ることの「限界」を感じています。

(辻野喬雄さん)
「遺族の個人個人の戸籍を確認するしかないからね。これからやるといっても家族の中で情報を持っている人がもういない現実がある。私なりにはきりかなと思っている、あとはこれをいかしてほしいという思い」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】糖度は19度超え!香川県産の完熟マンゴー 南国に負けない生産者のこだわりは

2020年07月14日 18:50

 今、収穫の最盛期を迎えてる香川県産マンゴー「讃岐おとひめ」。糖度は19度を超えます!国内の有名産地にも負けない甘さのウラには生産者のこだわりがありました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション