ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

岡山市を循環するバス「めぐりん」 一時的な事業規模の縮小で、5月末までに運転手20人が解雇または自主退職

06月01日 18:15

 新型コロナウイルスの影響で売り上げが減ったことから、岡山市を循環するバス「めぐりん」は1日から便数を減らして運行しています。それに伴い、運転手20人が解雇または自主退職していることが分かりました。

 八晃運輸によりますと岡山市の循環バス「めぐりん」は新型コロナウイルスの影響で利用者が8割減少し、中国運輸局に営業台数10台分の「廃車」を届け出ました。「めぐりん」は1日からは通常の3割にして運行しています。

 また一時的な事業規模の縮小により、めぐりんの運転手20人が5月31日までに解雇または自主退職したということです。

 バス事業を担当する大村修一執行役員は「新型コロナウイルスが収束すれば便数を戻すことも検討している」としています。

 一方、八晃運輸など3社でつくる「サンタクシーグループ」はグループ3社のタクシー運転手約100人を5月31日付で解雇しました。5月の売り上げは前の年の同じ時期の3割ほどだったということです。

 八晃運輸の成石敏昭代表は「先が見通せない中で、会社存続のための苦渋の決断だった」と話しています。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】西日本豪雨の被災地 真備町の商業の復興は? 岡山・倉敷市

2020年07月02日 18:50

 61人が亡くなり、さらに28人が災害関連死と認定された西日本豪雨からまもなく2年、倉敷市真備町ではお店が通常通り営業するなど以前の「日常」を取り戻しつつあります。真備の商業はどのように復興しているのでしょうか。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション