ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

放課後などに小学生を預かる児童クラブのスタッフを募集 岡山市が就職相談会

05月29日 11:55

 放課後や夏休みに小学生を預かる児童クラブのスタッフを増やすため岡山市が29日、就職相談会を開きました。

 岡山市役所の1階に専用ブースを設け、市の職員2人と岡山市ふれあい公社の職員1人が相談に対応しました。

 長時間児童を預かる夏休みに備えて岡山市では、市内の60の児童クラブで約80人のスタッフを募集します。共働き世帯の増加で岡山市でも児童クラブを利用する児童が増えていて、2018年度は7313人でした。

 会場には、児童クラブの1日の活動を紹介したパネルやポスターも展示されています。相談会は29日午後3時まで開かれます。

(岡山市 放課後児童対策担当課/若狹暢宏 課長)
「児童クラブは人員のほうが慢性的に不足はしている状態なんです。できるだけ長い時間定期的に働いていただける方に来ていただきたいと考えております」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

生まれたばかりの赤ちゃんとの“一瞬”をシャッターに 「ニューボーンフォト」に思いをのせる女性カメラマン 岡山

2020年03月26日 18:50

 生まれたばかりの赤ちゃんを写すニューボーンフォト。自身の育児経験から撮影を始めた岡山市のカメラマン、冨岡奈々子さんはシャッターを切るその一瞬に思いをのせています。

 生まれて間もない小さな小さな赤ちゃん。赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいた時の姿を再現した写真を「ニューボーンフォト」といいます。

 撮影しているのは、カメラマンの冨岡菜々子さん(37)。3年前に出張スタイルの写真館を立ち上げ、ニューボーンフォトや家族写真を撮影しています。

(冨岡菜々子さん)
「出向いていくとお母さんの日常、ご家族の思い入れのある場所で撮れたりとか、何てことない一瞬を切り取りたい」

 この日は倉敷市でニューボーンフォトの撮影です。島村嶺ちゃんは(生後8日)、3日に生まれたばかりの男の子。嶺ちゃんが熟睡できるようにお母さんの胎内の音に似た音を流して、撮影の準備に入ります。

(嶺ちゃんの母親ー)
「今しか撮れない姿を。(嶺ちゃん笑う)笑った、可愛い感じで撮っていただけたら」

(冨岡菜々子さん)
「赤ちゃんが起きないうちに撮るので、どんどん時間勝負で撮っていくのでどんどん散らかっていくので」

 嶺ちゃんを布にくるんで小さく丸まった姿を再現していきます。ニューボーンフォトは体が柔らかい生後2~3週間までがベストな撮影タイミングです。

 新型コロナウイルスの影響でキャンセルが相次いでいますが、マスクや消毒で細心の注意を払いながら希望者の撮影を続けています。

(冨岡菜々子さん)
「尊さ、生まれたばかりの純粋さというか、赤ちゃんの美しさ、そういうのが写ればいいと思って。なかなか外出できない状況なので、こちらから出向くことにメリットはあるのかな」

 冨岡さんは、働きながら2人の子どもを育てるお母さんです。環太郎君(5)も航太君(2)もいつも元気いっぱい。

 長男の環太郎くんが生まれたばかりの頃は家にこもりきりになり、子育てする時間がつらいと感じることもあったそうです。そのときの思いがニューボーンフォトを始めるきっかけになりました。

(冨岡菜々子さん)
「赤ちゃんかわいいねとか、一緒に話ができるだけでもいいかなと思って、私も自分の時に誰かが来てくれたりちょっと話ができたら絶対よかったし」

 夫の協力を得ながら仕事と育児に追われる日々。それでも、撮影を通じて自身も家族と過ごす時間の大切さに気付かされるそうです。

(冨岡菜々子さん)
「普通に過ごしてるけど、後から見たり関係ない私が入って見るとすごくその瞬間が輝いてる。自分が生活してこの人たちと一緒に過ごしてる時間も本当に貴重な一瞬なんだなと。子どもと過ごす時間、一瞬一瞬が本当に貴重だなと、気付かせてもらってます」

 自身の子育ての経験も、撮影に生きるようになりました。

(冨岡菜々子さん)
「どうやって接したら抱っこしやすいとか教えてもらったこともあるし、実感したこともあるし。そういうのも伝えられたりもして」

(嶺ちゃんの母親ー)
「やっぱり慣れてるなって思いました。(写真が)楽しみ」

 子育てに追われて、日々忙しい、お母さんが子どもと過ごした時間を忘れてしまわないように。赤ちゃんが大きくなった時に当時の暮らしぶりが伝わるように。一枚一枚に冨岡さんの思いが込められています。

 自身の子育ての経験が新米ママの糧になることを願いながら、何気ない日々の幸せを切り取り続けます。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション