ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

〈新型コロナ〉聖火リレーの延期 ランナーはどう受け止める?

2020年03月25日 18:15

 オリンピックに合わせて香川県では4月、岡山県では5月に聖火リレーが予定されていました。聖火ランナーたちは今回の延期をどう受け止めたのでしょうか。

 香川県では、4月18日と19日に全ての市や町で聖火がつながれる予定でした。

(白戸ゆめのリポート)
「聖火リレーまで1カ月を切った中での今回の延期。こちらのトーチも展示を取りやめるということです」

 25日は、延期を受けて写真を撮りにくる人の姿も見られました。

(写真を撮りに来た人はー)
「香川も走るので、見たかったなと思ったのでトーチだけでも写真を撮ろうと思いました。すごく特別なイメージだったので楽しみにしていたので残念だと思った」

 聖火リレーに伴い香川県が1000個以上設置していた交通規制を知らせる看板は、順次撤去されることになりました。

(香川県交流推進課/桑原仁 課長)
「56年ぶりの東京オリンピックをなんとか盛り上げたいという思いで、聖火リレーの準備等々進めてきたので延期という形にはなったが新たな目標に向かって着実に準備を進めていくようになるのかなと今の時点では思っている」

 頸髄損傷で車いすの生活を送っている観音寺市の毛利公一さんは、香川県の聖火ランナーの一人でした。4月は、自らの足で聖火を運ぼうとトレーニングに励んでいました。

(聖火ランナー/毛利公一さん)
「残念な気持ちは少しありますが、楽しみがちょっと延びた。モチベーションを維持して高めながら、自分の体を無理せず楽にしっかり歩けるように頑張っていきたいと思います」

 5月20日に倉敷市を走る予定だった岡山県スポーツ協会の長尾隆史さん。1980年のモスクワオリンピックで陸上・400メートルハードルの日本代表に選ばれながらも、日本の不参加により出場がかないませんでした。

 今回、40年越しにオリンピックに関わる予定でした。

(聖火ランナー/長尾隆史さん)
「どちらかというと楽しみが先に延びたというふうな思いでいます。東京オリンピック聖火リレーとして参加することで少し気持ちを切り替えたいという思い それとあとは選手が頑張ってほしいなという思いで走りたい」

 一方、聖火リレーのルートになっていた倉敷美観地区では…。

(市民はー)
「悲しいですね。せっかく色々準備してきてたのが」
「東京オリンピックを経験してますので、聖火がここを通るのを本当に楽しみにしていました」
「2年分の思いを込めて走ってくれると思うので、オリンピックの成功と(コロナを)克服したという両方の意味で応援したい」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】新型コロナの影響で受診者が減る「がん検診」 検診の現状と課題は? 岡山

2020年09月17日 18:50

 今年は新型コロナウイルスの影響で、がん検診を受ける人が大きく減っています。岡山県でも4月から7月までの受診者は、例年の約2割まで減りました。
 こうした状況で心配されているのは、がんのリスクが上がることです。早期発見が大切な「がん」。検診の現状と課題に迫ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース