ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

はなまるうどんが国内で500店舗を達成 全国で支持の理由は 高松市

06月05日 18:15

 高松市で生まれたうどんチェーン店「はなまるうどん」が国内で500店舗を達成しました。さぬきうどんの知名度を全国的にも高めたその理由とは…。

 国内外で500店舗を展開する「はなまるうどん」の1号店は2000年5月、高松市木太町にオープンしました。

(食べに来ていた人はー)
「やっぱり安いですね。量はもう私たちは少しでいいんで小なんですけどね。お値段は確かに安いです」

 初出店の2年後には岡山や東京など県外にも出店。その翌年、2003年には全国で100店舗を突破するなど、さぬきうどんの知名度を全国的に高めていきました。

 はなまるうどんが全国で支持されている理由の1つが特徴的なメニューです。

(記者)
「はなまるうどんは女性や健康を意識したメニューがあることが特徴です。すみません、サラダうどんください」

 ニンジン、レタス、オクラがたっぷり乗った「コクうまサラダうどん」は女性を中心に大人気です。

(お店にきていた女性客はー)
「(Q.いつもはなまるうどんには来られますか?)そうですね、週に2、3回くらい」
「なんか結構、女性でも入りやすいというか、カウンターとかもあるし」

 ほかにも、うどん1玉にレタス1個分の食物繊維が含まれる「はなまる食物繊維麺」を使用したり天ぷら粉に米粉を混ぜたりするなど健康に配慮した商品を提供しています。

 はなまるうどんは2011年に中国に初の海外店舗を出店、今年4月に国内で500店舗を達成しました。
 現在は、宮崎県と佐賀県をのぞく45都道府県と中国、マレーシア、インドネシアに店舗があります。このうち、香川県には14の店舗があります。

(はなまるうどん木太店/高木裕之 店長)
「もっともっとたくさん食べていただけるように、はなまるを知っていただけるように、歩いただけで行ける距離にはなまるを作っていきたいなと思います」

 はなまるうどんは現在、「500店舗ありがとうキャンペーン」と題して、割引券やトッピング券があたるスクラッチくじを500円ごとに1枚を配っています。

【速報】熊本豪雨の応援派遣 高松市の保健師が新型コロナに感染確認 避難所運営業務
(7月13日 19:40)
ゲーム条例 制定過程の検証と抜本的な見直し求める陳情2件を不採択に 香川県議会
(7月13日 18:15)
〈新型コロナ〉四国アイランドリーグplus 高知の選手1人の感染を確認 13・14日の全試合を中止に
(7月13日 18:15)
〈新型コロナ〉高齢者の訪問活動自粛の中…ボランティアが「電話」で安否を確認 香川・観音寺市
(7月13日 18:15)
「瀬戸内の100年を振り返る」直島でアーティスト監修の展示会 島民も資料提供 香川
(7月13日 18:15)
66歳の弁護士を業務停止3カ月の懲戒処分 他事務所や弁護士の業務妨害など 岡山弁護士会
(7月13日 18:15)
2019年覇者のチームメートにリベンジなるか 高校最後の大会に臨んだ水島工業バドミントン部、池田・青江ペア 岡山
(7月13日 18:15)
神戸山口組池田組の幹部らが銃撃され負傷した事件 対立する暴力団幹部を殺人未遂などの罪で起訴 岡山
(7月13日 15:35)
〈新型コロナ〉7月補正予算案 アクリル板を設置など、新しい生活様式への対応に取り組む事業者の支援盛り込む 岡山
(7月13日 11:55)
〈新型コロナ〉新型コロナウイルスの影響で1月から休止していた市のイベントが再開 岡山市
(7月12日 16:40)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】〈新型コロナ〉今年の夏、海とプールへの影響は? 岡山

2020年07月13日 18:50

 新型コロナウイルスの影響で岡山、香川でも今年の夏、営業しない海水浴場やプールが少なくありません。

「海開き」を断念した玉野市は地域の問題を解決するために「苦渋の決断」をしました。一方、プールの営業を決めた民間施設も感染症対策の「不安」を抱えていました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション