活動報告
 
児童・生徒環境美化絵画・イラスト展 表彰式 2015年10月30日(金)
 
香川県内の小中学生を対象に、環境美化を訴える絵画・イラストを募集。
KSB瀬戸内海放送2F会議室にて、絵画・イラスト展表彰式が開催されました。
 
なお、応募作品は下記日程で、2会場にて展示します。
◆ 展示1 :全ての応募作品
日程:2015年11月14日(土)〜2015年11月18日(水)
場所:市民交流ブラザ 『IKODE瓦町』 イベント展示スペース
   〒760-0054 香川県高松市常磐町一丁目3番地1 瓦町FLAG 8階
時間:10時〜21時 ※最終日は17時までの展示となります。
◆ 展示2 :全ての応募作品のうち優秀作品60作品
日程:2015年11月20日(金)〜2016年1月11日(月・祝)
場所:与島プラザ
   〒762-0071 香川県坂出市与島町587
時間:10時〜16時(平日)・10時〜17時(土日祝)
 
児童・生徒環境美化絵画・イラスト展 審査結果
 
香川県知事賞 高松市長賞


 
画面を二分して、左側は美しい緑豊かな自然を、右側は都市環境が悪化して灰色に変貌した都市の様子を対照的に表している。環境に敏感な反応をするカメレオンの変化により、テーマの深刻さを表そうとしたものであろう。

 
最新の工場から排出される煙が大気汚染を もたらし、やがて地球の健康被害(環境破壊) をももたらすことを比喩的に上手に表現している。
画面の背景を2つに分け、右側はマーブリング (墨流し)の技法で、左側は青い顔をした地球が 鼻から煙を吸い込んでいる姿で、テーマを的確に 表している。

香川県教育長賞 高松市教育長賞


 
人物を大きく描き、ポーズと顔の表情によって迫力ある画面となっている。また、絵の具とクレヨンを巧みに使い分け、とても色鮮やかに、きれいに彩色できている。

 
魚、貝、サンゴがどれも緻密に描かれている。 また、同じような色合いでも、濃淡を変えて彩色する技術にも驚かされる。高い技術の上に、時間をかけ丁寧に仕上げようとする横田さんの作品への熱い思いを感じる。

財団理事長賞

青空から優しい光が降り注ぎ、路面に草たちの影が美しく 描かれ、スパッタリング(霧吹き)の技法で感性豊かに表現し、捨てられたペットボトルが、ひときわ目をひく構図でまとめられている。 そして、見る者に優しく「あなたは拾いますか?」と問いかけ、行動を促すものになっている。

奨励賞 奨励賞



 
ダムの雄大な放水をモチーフに水資源の大切さを伝えようとしているアイディアがとても良い。石が積み重なっているダムの様子を丁寧に描き、巧みな筆づかいや色合いによって絵の具のよさを生かした表現となっている。
地平線を少し下げ、その線より上に大きく描き、足や鼻に動きを入れることによって重量感あふれる立体的な迫力のあるゾウが表現されている。また、空も大きく描くことによって、草原の広さを感じさせてくれる。
 

奨励賞 奨励賞


 
背景はごく大ざっぱな表現で、みどり豊かな自然を表し、中央に丁寧な鉛筆デッサンで、捨てられたいろいろなものを表している。まだまだ使えるもの、資源ゴミとして活かせるもの、限られた資源について一緒に考えましょう、と訴えているようである。

 
ホタルの乱舞する様子を画面いっぱいに表している。昔はどこででも普通に見られた光景−今は熱心な人たちによって復活−失ってはじめて知る自然の姿は、二度と失われないようにという思いが込められている。

佳作 佳作


画面いっぱいのゴミかごの中には、捨てられた空き缶や割り箸、タバコなどが描かれ、分別収集を一人一人が しっかりすることで住みよい町にしよう、というメッセージを送っているように思われる。
みどりに包まれた住居・地域を、人々の思いを表した大きなハートで囲み、テーマをしっかりしたレタリングでまとめている。

佳作

大きな貝の中に、大自然の象徴である太陽、大空、人間、動物、虹、水を色彩やかに描いた構図のアイディアがすばらしい。貝は、混色や重色によって、重厚感のある仕上がりになっている。

受賞者集合写真
たくさんのご応募ありがとうございました。