ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

〈新型コロナ〉「“密”が避けられない…」秋祭りは中止?開催?運営側の苦悩 香川

2020年06月24日 18:15

 秋の祭りの開催が危ぶまれています。香川県は22日、地域の秋祭りなどについて新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための注意点を発表しました。「密」が避けられない状況に運営側は開催するかどうかの判断を迫られています。

(在間隆真リポート)
「観音寺市の秋祭り『さぬき豊浜ちょうさ祭り』の会場です。毎年多くの参加者と見物客が集まるのですが、今年は祭りの開催が危ぶまれています」

 観音寺市で約200年続く「さぬき豊浜ちょうさ祭り」。
 毎年10月中旬に3日間かけて行われ、「ちょうさ」と呼ばれる太鼓台を担いで町を練り歩きます。

 祭りの最終日に行われる23台の「ちょうさ」の担ぎ比べは特に多くの人でにぎわいます。
 しかし…

(在間隆真リポート)
「ちょうさは1台およそ2トンあり、100人ほどの担ぎ手を必要とします。そのため密集・密接を避けることが難しいということです」

 香川県は22日の対策本部会議で、祭りなどを開催する場合の注意点を発表しました。
 その中で太鼓台などを大勢でかき上げるなどの行為は、密集・密接を避けられないため実施を控えることも含めて慎重に検討するよう求めています。

(さぬき豊浜ちょうさ祭り実行委員会/石井慎治 会長)
「個人的に言えば祭りはやりたいというのが本音なんですけども、『三密』を避けるということになればちょっと厳しいかなというのもありますし」

 また香川県は祭りなどを開催する場合は「最大でも県内からの来場」にとどめることを求めていますが、例年、3日間で約6万人が訪れている「さぬき豊浜ちょうさ祭り」では、来場者がどこから来ているかの把握することが難しいということです。

 祭りの実行委員会は今年の開催について、26日に会合を開いて決める方針です。

 巨大な獅子舞が町を練り歩く三木町の「獅子たちの里 三木まんで願。」は
 来場者の把握や獅子舞の演舞で演者の「密」を避けられないことなどから、19日に中止が決まりました。

 三豊市の「仁尾八朔人形祭り」は感染拡大の恐れのほか、新型コロナの影響で企業からの寄付が集まりづらいなど苦境に立たされています。

 祭りの実行委員会は、30日に開催するかどうかを判断するとしています。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】元アスリートの女性が宮司を目指す!由緒ある神社で日々修行中 香川・坂出市

2020年07月30日 18:50

 香川県坂出市の神谷神社の本殿は、今から約800年前の鎌倉初期に建てられました。当時の建築様式で現存する建造物としては日本で最も古く、1955年には国宝に指定されました。
 この由緒ある神社の宮司を目指して、元アスリートの女性が修業を続けています。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース