ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

〈新型コロナ〉ごみ袋に「ありがとう」…家庭ごみ急増と闘う作業員に感謝のメッセージ 高松市

05月26日 18:15

 新型コロナウイルス感染の心配と闘っているのは医療従事者だけではありません。高松市で家庭ごみを収集する作業員たちに、感謝やねぎらいのメッセージが数多く届いています。

(中濱綾那リポート)
「4月の終わりからきょうまでに、約50件ほど作業員に対する感謝のメッセージが届けられているということです」

 高松市の環境業務センターが集めたごみ袋に貼られていた手紙や、直接住民から届けられたメッセージには、「ごみ回収担当の職員の皆さん本当に有難うございます」「収集員様いつもありがとうございます」など、感謝の言葉が綴られています。新型コロナウイルスの感染リスクとも向き合う作業員たちの士気が高まるように掲示しています。

 最初に手紙が見つかったのは4月30日頃。その後、各地で作業員が目にするようになりました。
 ごみ袋に貼られたものは持ち帰り、集積場に貼ってあるものは写真を撮っています。

(作業員はー)
「きのうは手渡しで(手紙を)渡された。大変な時ですけれども(手紙を)もらえたことは仕事の励みになりました。マスクのごみが、ごみ捨て場にそのまま通りすがりで投げられたようなものも落ちているので、きちんと(袋で)縛って捨てていただけたらと思います」

(高松市環境業務課/川西克彦 業務長)
「衣類については海外の方に運ぶんですが、停滞しておりますので自宅で預かっていただくよう周知させていただいている状況です」

 新型コロナウイルスの影響による自粛生活で、部屋を片付ける人が増えたことや外食が減ったことで家庭ごみは急増。高松市では例年に比べて2割程度増えていて、作業員の負担が問題になっています。

 また、廃棄物を処理する人への感染防止のために市は、鼻水などが付着したマスクやティッシュなどのごみを捨てる時は、ごみ袋をしっかりしばって封をするよう呼びかけています。

〈新型コロナ〉ごみ袋に「ありがとう」…家庭ごみ急増と闘う作業員に感謝のメッセージ 高松市
(5月26日 18:15)
〈新型コロナ〉香川県独自の感染警戒宣言を解除 知事「社会経済活動のレベルを引き上げて参りたい」
(5月26日 18:15)
〈新型コロナ〉「満床となった時期があった」香川県知事が病院長と課題を意見交換 医療従事者らへの手当支給も検討へ
(5月26日 18:15)
〈新型コロナ〉JR四国の新観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」7月4日から運行開始へ
(5月26日 18:15)
〈新型コロナ〉小学校でオンライン授業「思ったよりスムーズにいけた」 タブレット端末の貸し出しも実施 香川・三豊市
(5月26日 18:15)
西日本豪雨の被災者が入居している仮設住宅、改修へ 「復興住宅」工事の安全祈願祭 岡山・総社市
(5月26日 18:15)
〈新型コロナ〉「寒霞渓ロープウェイ」再開に向け救助訓練 6月1日から約50日ぶりの運行へ 香川・小豆島
(5月26日 18:15)
〈新型コロナ〉鯉が窪湿原が例年より約1カ月遅く開園 サワオグルマが見頃を迎える 岡山・新見市
(5月26日 18:15)
〈新型コロナ〉ファジアーノ岡山の選手がチャリティーグッズ企画 「岡山」をイメージ、持ち手やポケットがデニムのトートバッグ販売
(5月26日 18:15)
〈新型コロナ〉香川オリーブガイナーズが約2カ月ぶりの紅白戦「試合感覚を取り戻す」
(5月26日 18:15)
〈新型コロナ〉緊急事態宣言の全面解除 伊原木知事「5月いっぱいは県境越えないようにしましょう」 岡山
(5月26日 11:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】糖度は19度超え!香川県産の完熟マンゴー 南国に負けない生産者のこだわりは

2020年07月14日 18:50

 今、収穫の最盛期を迎えてる香川県産マンゴー「讃岐おとひめ」。糖度は19度を超えます!国内の有名産地にも負けない甘さのウラには生産者のこだわりがありました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション