ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

〈新型コロナ〉多くの人に元気を届けたい 岡山市の花火製造会社、夜空に希望の光と音を響かせた25発の大輪の花

05月18日 18:16

 新型コロナウイルスの影響で各地の花火大会の中止決定が相次いでいます。そんな中、15日に岡山市の花火製造会社が多くの人に元気を届けようとサプライズで花火を打ち上げました。

 15日、岡山市の夜空に突如現れた大輪の花。企画したのは岡山県で唯一、花火の製造から打ち上げまでを行っている森上煙火の森上真夢社長です。

 森上煙火では、毎年約2万発の花火を製造していますが、全国で花火大会の中止が相次いでいるため4月20日から製造をストップしています。

 午後6時半すぎ、打ち上げの準備が進みます。花火師たちが筒の中に一つ一つ、玉を入れていきます。打ち上げ場所は岡山市北区の神道山。人が集まって「3密」状態になるのを避けるため、事前に告知はしませんでした。

(森上煙火/森上真夢 社長)
「今お子さんがストレスをためていたり、医療従事者の方々が最前線で戦ってくれたり先が見えずに苦しまれている方々がいらっしゃるので、そういった方々にちょっとでも元気が届けられるように花火を打ち上げたい」

 そして午後7時半。約2分間にわたり、高く、そして大きな花火25発が打ち上げられました。

 江戸時代に疫病退散を祈願するため始まったと言われる花火。この日も新型コロナウイルスの収束を願って、岡山市の夜空に希望の光と音を響かせました。

(森上真夢 社長)
「今年自分も花火作っている身ですが、花火見られないかもしれないと思っていたので花火見られてよかったですし、元の生活には戻れないと思うので今すぐにはちょっとでも生活の励みじゃないですけど、希望を持って生活を送ってもらえたらと思います」

 森上さんは今後も岡山県内で花火を打ち上げ、市民にエールを送り続けます。

〈新型コロナ〉多くの人に元気を届けたい 岡山市の花火製造会社、夜空に希望の光と音を響かせた25発の大輪の花
(5月18日 18:16)
〈新型コロナ〉高松三越が全館で営業再開 検温など感染防止対策「慎重に営業をしていきたい」
(5月18日 18:16)
〈新型コロナ〉「さんすて岡山」が1カ月ぶりに全館再開 リニューアル店舗では高級バナナの専門店も初出店 岡山市
(5月18日 18:15)
〈新型コロナ〉臨時休校の予定を繰り上げ、小学校などが再開 20日まで午前中授業 休園していた渋川動物公園も再開 岡山・玉野市
(5月18日 18:15)
〈新型コロナ〉香川県運転免許センター 24日ぶりに免許の更新業務を再開
(5月18日 18:15)
JR四国の4月の鉄道収入が「過去最低」 社長「長期戦を覚悟する」
(5月18日 18:15)
〈新型コロナ〉毎日24時間相談を受け付け 香川県が「コールセンター」を開設 保健所の負担軽減へ
(5月18日 18:15)
駄菓子を使って商売を学ぶ「だがしの学校」 小学生3人が販売に挑戦 岡山市
(5月18日 18:15)
〈新型コロナ〉ファジアーノ岡山、約1カ月ぶりに練習再開 選手はストレッチなど軽めのメニューに励む
(5月18日 18:15)
〈新型コロナ〉オンラインバスツアーで旅行気分を 実際に旅先の料理やお酒も味わえる新サービス 香川・琴平バス
(5月18日 18:15)
〈新型コロナ〉渋野日向子選手が詐欺注意などを呼び掛け 岡山県警のフェイスブック上で公開
(5月18日 18:15)
〈新型コロナ〉中学生が手作り布マスクを病院に寄贈「牟礼中より愛をこめて」高松市
(5月18日 16:35)
「心構えを180度変えて」交通死亡事故が相次ぐ香川 県内13カ所で速度違反取り締まり
(5月18日 11:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】糖度は19度超え!香川県産の完熟マンゴー 南国に負けない生産者のこだわりは

2020年07月14日 18:50

 今、収穫の最盛期を迎えてる香川県産マンゴー「讃岐おとひめ」。糖度は19度を超えます!国内の有名産地にも負けない甘さのウラには生産者のこだわりがありました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション