ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

宇高航路109年の歴史に幕…乗客減でフェリー休止に 最終便に名残惜しむ多くの乗客 岡山・香川

2019年12月16日 18:15

 109年の歴史に幕をおろしました。岡山県玉野市の宇野港と高松港を結んでいた唯一のフェリーが、15日を最後に運航を休止しました。港には多くの人が集まり最終便を見送りました。

(記者)
「午後7時50分、宇野港への最終便がここ高松港を出航します。乗船を待つ多くの人たちが並んでいます」

(最終便の乗客)
「きょうが最後だから絶対に乗らなければという気持ちで来ました」

 最終便の乗客最終便には、運休を惜しむ多くの人たちが乗り、思い思いの時間を過ごしていました。

(宇野から往復で乗船した女性)
「昔の連絡線の“どら”を思い出しました」

(家族で乗船)
「お父さんが子どものころ乗ってたと言っていたので、最後のひと便だったけど乗れてよかったです」

 1910年に国の宇高連絡船が就航して始まった宇高航路の歴史。1988年に瀬戸大橋が開通したあとも、民間のフェリー会社3社が24時間運航をしていました。
 しかし、瀬戸大橋の通行料金が引き下げられた影響などで乗客が減少し、2012年までに2社が撤退。唯一残った四国急行フェリーが、減便を繰り返しながらも運航を続けてきました。

 採算を取るためには1便あたり15台以上を運ばなければならないところ、現状は10台程度にとどまり改善策を立てられないまま最終日を迎えました。

(最終日に7回乗船した男性)
「家族で思い出を作った場所です。そういった場所がなくなってしまうのは非常にさびしいです」

 普段、最終便では販売していない名物のうどんもこの日だけは特別に販売しました。

(乗客はー)
「(Q.最終便で食べるうどんの味は?)おいしいですね」
「子供のころ、家族で車でどこか行くときは深夜便に乗って、そのときの思い出が強く残ってますね」

(四国急行フェリー/堀本隆文 営業部長)
「歴史あるこの宇高航路が本日をもって運休となりましたが、瀬戸内海の船旅のいい思い出とともに皆さまの心の中にずっと大事にしていただけたらと思っています」

 最終便は、玉野市の宇野港に午後9時前に到着。名残を惜しむ乗客がフェリーを降りたあと、操舵室の灯りが消えると…宇高航路、109年の歴史に幕が下りました。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】書店で販売も!小学生が本の魅力を伝える「ポップ帯」づくり 高松市

2020年08月06日 18:50

 高松市の小学生が本の魅力を伝える「ポップ帯」づくりに挑戦しました。自分で選んだお気に入りの本に。キャッチコピーを考えたりカラフルなイラストを添えたりしてPR。完成した帯をつけた本は、実際に本屋さんで販売も。ユニークな授業に密着しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース