ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

丸亀城の石垣復旧へ「土のう」の壁 さらなる崩落防止で安全確保 香川

11月29日 18:15

 西日本豪雨や台風の大雨などの影響で大きく崩れた丸亀城の石垣の復旧に向けた工事が本格的に始まりました。

(記者)
「石垣は大きく崩れ、さらに崩落する可能性もあります そこであちらの端からおよそ35メートル、高さ3メートルにわたり土のうの壁を作ります」

 「石垣の名城」とも呼ばれる丸亀城では、西日本豪雨や台風の大雨などの影響で、城の南西部の石垣が大きく崩れました。

 丸亀市が行っている緊急対策工事は、崩落した石垣の裾の部分がこれ以上崩れないようにするのが目的です。
 重さ約2トンの土のうを350個、土のうと石垣の間に置く袋詰めの石を480個設置します。これにより、石垣の崩落を防いで、復旧作業の安全を確保するのが狙いです。

(訪れた人はー)
「時々見に来てるんですが、早く回復したらいいですね。丸亀市民のシンボルですから一日も早く元の美しい石垣が早く見たい」

(丸亀市都市整備部/谷口信夫 部長)
「緊急対策工事を行ないながら、同時に本格的な復旧工事の着手に向けて順次作業を進めて参りたいと思います」

 丸亀市は雨で地盤が弱くなる梅雨前に緊急対策工事を完了して、石垣の復旧工事を始めることにしています。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】豪雨で被災 橋の上の写真家

2019年05月23日 18:50

 数十年に渡り、橋の上から川の写真を撮り続けてきた写真家の男性が倉敷市真備町にいます。去年7月の西日本豪雨で自宅や写真など多くを失った男性が再びカメラを持ち、撮影する理由を取材しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

5月25日(土) 3時00分更新

83%

使用量 601 万kw
ピーク時供給力 722 万kw

情報提供:中国電力

四国地方

5月25日(土) 3時00分更新

65%

使用量 258 万kw
ピーク時供給力 396 万kw

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション