ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

過去にも洪水で川の工事を予定…倉敷・真備町の冠水被害はなぜ起きた?

07月09日 18:16

 今も被害の全貌がつかみきれていない、岡山県倉敷市真備町。川の堤防はなぜ決壊し、町の広範囲が浸水したのでしょうか。

 国土交通省が想定した、倉敷市真備町の小田川の堤防が決壊した時に浸水する区域では、北側を中心に広い範囲が浸水すると想定されています。

 今回の豪雨では小田川の北側の堤防2カ所のほか、支流の末政川や高馬川が決壊し、約1200ヘクタールが浸水しました。2つを重ねてみるとほぼ想定どおりの区域が浸水したことが分かります。

 堤防はなぜ壊れてしまったのか、河川工学を専門にしている岡山大学の前野詩朗教授は「バックウォーター」と呼ばれる現象が起きたことが、原因ではないかと指摘します。

(岡山大学/前野詩朗 教授)
「小田川が西から東に流れるゆるやかな勾配の川なので、かなり水位の上昇が影響した」

 小田川と高梁川の合流地点は湾曲していて、川幅が狭く、水がたまりやすくなっています。行き場を失った大量の水が勾配のゆるい小田川の方へと流れ込み、川の水位が急上昇したことで堤防に大きな負担がかかったとみられます。
 その影響は川の上流数キロ以上にまで及んだ可能性があります。

(オカジュウ/片岡公省 代表)
「小田川の流れが悪いというのは、昔から言われていたんですけど、やっと去年ぐらいから予算を取っていただけて工事も何件か発注されて、これから工事に入っていく予定なんですけど」

 小田川流域では、1972年と76年に洪水による大きな被害が出ていて、治水が長年の課題でした。国は小田川の流れを人工的に変え、水を逃がす付け替え事業を計画、今年からさ来年にかけて工事を行う予定でした。

(岡山大学/前野詩朗 教授)
「付替え工事が仮に完了してたらここまで大きな水害にはならなかったと考えています」

 多くの人的被害が出た今回の浸水。倉敷市は真備町の住民にどのように避難を指示したのか?真備町で浸水した住宅に住む菊池さん夫妻は、このように証言します。

(菊池 豊年さん(75))
「全然行動取ってないのは私の判断ミスですね、避難すりゃあ車の1台くらいは助かった」

 浸水する前の6日午後11時45分、倉敷市は小田川の南側の区域に避難指示を出しましたが、北側には出していませんでした。

 北側にある菊池さんの家では、このときすでに浸水が始まっていました。より深刻な被害が出た北側の区域に、避難指示が出たのは、その1時間45分後、7日午前1時半のことです。
 明け方の午前4時ごろには、菊池さんの家の2階の目の高さまで浸水していました。

 夫妻は屋根に避難し、約12時間後に自衛隊のボートで助けだされました。

(菊池 和子さん(71))
「本当の非常事態ということをもっと上の人が早く判断してもらえないかねえ、という気はしました」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】にぎわいを復興の力に…宿場町の大名行列 豪雨被害の岡山・矢掛町

2018年11月13日 18:50

 岡山県矢掛町で11月10日、「大名行列」が開かれました。
 42年前の水害をきっかけに始まり、いまや町のシンボルとなった矢掛町の「大名行列」。今年は再び水害に見舞われた町の復興を願って宿場町を練り歩きました。
 そして、この行列の中には倉敷市真備町から参加した男性の姿もありました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

11月14日(水) 6時00分更新

82%

使用量 701 万kw
ピーク時供給力 854 万kw

情報提供:中国電力

四国地方

11月14日(水) 6時00分更新

76%

使用量 292 万kw
ピーク時供給力 382 万kw

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション
  • メールマガジン会員サービス モバッチャ!
  • モバッチャ!で
    KSBニュースを毎日配信!
  • 毎日19時に全国・岡山/香川のニュースをメールでお届けしております。
    モバッチャ!への登録はこちら