ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

日本建築を問う展示会 丹下健三らの資料約680点 法隆寺模型も100年ぶり公開 香川

2019年12月06日 18:14

 丹下健三や鎌倉芳太郎も紹介しています。日本建築とは何かを問いかける展示会が高松市で開かれています。

 香川県立ミュージアムで開かれている「日本建築の自画像 探求者たちのもの語り」です。
 日本建築というイメージを、建築の歴史・建築家・地域の人々という3つの視点で捉えた新しい企画展です。

 会場には、丹下健三が設計した香川県庁東館の模型やその図面、写真などのほか、古代から現代までの日本建築の模型や写真など約680点が展示されています。

 展示されている中には、日本最古の木造建築といわれている法隆寺の、精巧な木造模型があります。
 1910年(明治43年)の日英博覧会に出展されたもので、今回公開されるのは実に100年ぶりだということです。

 このほか、沖縄・首里城の復元に大きな功績があった、香川県三木町出身で名誉町民の鎌倉芳太郎が琉球文化を調査した際の写真や、詳細なノート「鎌倉ノート」も展示されています

(香川県立ミュージアム 主任専門学芸員/渋谷啓一さん)
「写真や図や模型や様々なもので構成されているけれど、そういったものを通じて日本建築とは一体何なんだろう、自分が今暮らしている建築って一体何なんだろうか、そういったところに思いをはせていただけたら」

 また、明治時代に撮影された高松城や、城から撮影した武家屋敷の貴重な写真も展示されています。
 「日本建築の自画像」展は、12月15日まで香川県立ミュージアムで開かれています。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】岡山名産の桃をモチーフに笛を制作!オカリーナ演奏家の思いとは

2020年08月05日 18:50

 岡山市に住む「オカリーナ」の演奏家が、岡山名産の「桃」をかたどった新しい土笛を製作、7月から市の観光協会を通じて販売を始めました。ユニークな特徴を持つ「もも笛」を作った演奏家の思いを取材しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース