ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

就職フェアで復興後押し 西日本豪雨で被災の倉敷市真備町

2019年11月22日 18:15

 昨年7月の西日本豪雨で大きな被害が出た倉敷市真備町で22日、就職フェアが開かれました。
 
 倉敷市真備支所で開かれた「真備地区復興就職フェア」には、真備町に事業所がある19の企業が参加しました。

(記者)
「こちらのパン屋さんは去年の西日本豪雨で被災し、今年7月から立て直した新しい店舗で営業を再開しています」

 「パンポルト」は、製造分野で働く人を募集しています。

(パンポルト/戸澤 由加里 さん)
「タケノコを使ったクッキーとマドレーヌを製造しようと思っていて、焼き菓子を作ってくださる方を募集している」

 「パンポルト」は自宅兼店舗が浸水し、昨年9月からプレハブで営業を続けてきました。今年7月には建て直した店舗で営業を再開しスタッフを募集していますが、なかなか集まらないそうです。

 食品スーパーの山陽マルナカは、13日に真備店の営業を再開したばかりです。22日は、訪れた人に仕事内容を説明したり、希望の勤務時間を聞き取ったりしていました。

(山陽マルナカ/妹尾大輔マネージャー)
「なかなか予定通りにいっていないのが現状だったので、同じ真備の地区で頑張っていただける方をと思っております」

 真備船穂商工会によりますと、10月末時点で、被災した449の企業のうち約半数が通常営業に戻っています。しかし、働く人が集まらないことなどから、約3割が縮小営業、約1割が休業・廃業しています。

(仮設住宅で暮らす町民)
「倉敷市の水江の方に みなし仮設住宅で出てたんです。父親の方が真備に帰りたかった人だったので、(仕事が)見つかればいいと思いますけど」

軽自動車が欄干激突、70代の2人死傷 岡山・新見市
(11月22日 18:15)
坂出駅構内で一時停電、下校と重なり混乱も 運行は通常 香川
(11月22日 18:15)
来春は白鸚・幸四郎が父子共演 こんぴら歌舞伎の演目発表 香川・琴平町
(11月22日 18:15)
就職フェアで復興後押し 西日本豪雨で被災の倉敷市真備町
(11月22日 18:15)
調理設備やドローン基地も ライフタウンまび1階改修終了 岡山・倉敷市
(11月22日 18:15)
女性警官5人の「ゴシンジャー」、女性行員に護身術伝授 高松北署
(11月22日 18:15)
観音寺市の女児切りつけ 被告に懲役5年 高松地裁
(11月22日 18:15)
トライフープHC辞任、後任に比留木氏 選手登録外れる 岡山
(11月22日 18:15)
「おしどり夫婦」が誕生の予感? 今年もオシドリが飛来、求愛する姿も 鳥取
(11月22日 18:15)
ごほうびにA級グルメのコラボはいかが? 千屋牛にキャビアの炙り握り 岡山・新見市
(11月22日 18:15)
高松市で独居高齢者宅が全焼2人けが 施設職員が通報 訪問して気づく
(11月22日 16:45)
三豊市の観光拠点がJR詫間駅隣に移転新装オープン 英語案内やレンタサイクルも 香川
(11月22日 16:45)
初仕事は知事の書を指導 書家・中塚翠涛さんが「おかやま晴れの国大使」に就任
(11月22日 11:55)
「被災された方の心に寄り添える支援とお手伝いをしたい」 岡山から台風19号の被災地へボランティア隊が出発
(11月22日 10:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】新型コロナの影響で受診者が減る「がん検診」 検診の現状と課題は? 岡山

2020年09月17日 18:50

 今年は新型コロナウイルスの影響で、がん検診を受ける人が大きく減っています。岡山県でも4月から7月までの受診者は、例年の約2割まで減りました。
 こうした状況で心配されているのは、がんのリスクが上がることです。早期発見が大切な「がん」。検診の現状と課題に迫ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース