ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

幻の山の芋「銀沫」の出荷準備 寒くなると「さらに味がよく」 岡山・真庭市

2019年11月04日 16:48

 「幻の山の芋」とも言われる岡山県真庭市勝山地域の特産「銀沫」の出荷準備が行われました。

 「銀沫」は真庭市の37軒の農家が栽培していて、今年は10トンほどの収穫を見込んでいます。

 10月30日、JAまにわの集荷施設には約2.5トンが運び込まれ、生産農家やJAの職員が形や大きさを選別して箱に詰めていきました。
 銀沫は、芋の形やすりおろした時の色の白さが真庭市の「神庭の滝」のしぶきに似ているとされ、その名が付けられました。
 餅のような強い粘りが特徴で、全国的に生産量が少ないため、「幻の山の芋」とも呼ばれています。

 担当者によると出来はまずまずで、これから寒くなるにつれて「さらに味がよくなる」ということです。
 11月1日に出荷が始まり、勝山の直売所などで販売されるほか、勝山町並み保存地区の飲食店でも味わえます。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】8ミリフィルムに残る、ある日本兵の「生と死」の記録 香川・坂出市

2020年08月14日 18:50

 満州事変の6年後、1937年に勃発した「第2次上海事変」。この時出兵した1人の日本兵の生と死を記録した映像が、香川県坂出市に残されていました。15日の75回目の終戦記念日を前に、改めて戦争について考えます。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース