ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

「誰でもできる防災」で南海トラフ地震に備えよう 小学校で講演会 香川・琴平町

10月10日 18:15

 南海トラフ地震に備えて地震の仕組みを学び、防災・減災につなげてもらうための講演会が香川県琴平町の小学校で開かれました。

(記者)
「南海トラフ地震によって最大震度7の揺れが発生すると予想されています、その巨大地震にどう備えればいいのか子どもたちと学びます」

 香川県と香川大学が県民の防災意識を高めようと行ったもので、琴平町の榎井小学校の5、6年生や先生など約50人が参加しました。

 まず、地震が起こる仕組みや恐ろしさを写真や映像で学びました。津波の実験映像では身長180センチの研究員が高さ30センチの津波に流される様子が映し出されました。

 講師を務めた香川大学の金田義行特任教授は、津波が来る前にできるだけ高いところにすばやく避難するよう呼びかけていました。
 また、家具を固定したり、通学路で危ない場所がないか確認したりするなど誰でもできる防災を今のうち始めるよう話しました。そして、何より災害が起きたときに被害を広げないためには、みんなで助け合うことが大切だと言います。

(香川大学/金田義行 教授)
「みんながお互いに助ける力が小さかったら災害はどんどん広がってしまう、そういうことを言いたい、同じ災害が起こっても、ある町はみんなで助け合う力があったら災害被害は小さくなる」

(小学生はー)
「地震の大きさとか知らなかったのでこんなに大きいんだなと思ってびっくりしました」
「災害などが起こったときは1つのルートだけとかではなく、何個も助かる方法などを考えたほうがいいなと思いました」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】交通事故が多発する“魔の7歳”…その背景は?

2020年07月10日 18:50

 子どもの交通事故について考えます。
 全国で起きた歩行者の交通事故を統計でみてみると、「7歳」の子どもが突出して多くなっています。なぜ7歳の子どもの事故が多いのか。子どもの行動を分析し、その背景を探ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション