ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

讃岐うどんの原料9割以上を占めるオーストラリア小麦 生産者が製粉工場見学 香川・坂出市

2019年09月11日 18:15

 讃岐うどんの原料である小麦の95パーセントがオーストラリア産です。
 オーストラリアの小麦生産者の団体が坂出市の製粉工場を訪れ、小麦がどのようにして加工されているのか視察しました。

 坂出市林田町の吉原食糧を訪れたのは西オーストラリア州から来た小麦生産者約50人です。
 讃岐うどんの原料に多く使われている小麦、「オーストラリアン・スタンダード・ホワイト」を作っています。

 生産者はまず製粉工場の見学を行いました。

(記者)
「自分たちが作った小麦が製粉される様子を間近で見学しています」

 小麦は細かくみると55の部位に分かれているため製粉には多くの過程が必要です。
 小麦の粉砕やふるいにかける機械などを実際にその過程でできた小麦粉を手で触るなどしながら見学しました。

 生産者は社長に直接質問したり写真を撮ったりしていました。工場見学の後には質疑応答の時間が設けられました。

(質疑応答の様子)
「(Q.年間何トンの小麦がこの工場に来ますか?)1万7000トンでそのうち1万3000トンがオーストラリア産です」

 次々と生産者から質問があり、予定時間を30分ほどオーバーしました。

(小麦の生産者はー)
「オーストラリア産の小麦に対して日本人がどれだけの情熱を持っているのかや、この工場で作りだされるものの品質を見ることができたのは、この視察で一番よかった」

(吉原食糧/吉原良一 社長)
「どういうところがオーストラリア産小麦のいいところか、改善すべきところはどこか。私も讃岐うどんのためにはこういう小麦の良さをもっと生かしてほしいとか、そういう具体的な話ができて非常によかった」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【まちが動く人が動く】さよなら、思い出のレコード店 86年の歴史に幕 岡山

2020年10月30日 18:50

 まちの経済ニュースをお伝えする「まちが動く。人が動く」です。

 岡山市のあるレコード店が10月31日、86年の歴史に幕を下ろします。老舗レコード店は常連客にとって思い出が詰まった場所でした。

 閉店間近の店に密着しました。

シリーズ

  • 人がニュースになる。ニュースが人を元気にする。
    ローカルには、高い技術や志、強いこだわりを持って活躍している「人」がたくさんいます。
    このシリーズでは、そのような「人」にスポットを当てたグッドニュースを、WEB限定で配信していきます。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
    企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを、岡山・香川の高校生が紹介する。「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。
  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース