ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

世界的彫刻家のアトリエが美術館に 故・流政之さんの作品を一般公開 高松市

2019年09月06日 18:15

 世界的な彫刻家で、去年95歳で亡くなった流政之さんのアトリエが、美術館として高松市にオープンしました。

 流政之さんは長崎県出身で刀鍛冶やゼロ戦のパイロットなどを経て、半世紀ほど前から高松市庵治町の住居兼アトリエを拠点に数多くの彫刻作品を制作してきました。
 流政之さんは、去年95歳で亡くなりましたが、関係者らがアトリエを整備、5日に流政之美術館としてオープンしました。

 美術館は、3階建てで瀬戸内海が見渡せる庵治半島の東側にあります。

 敷地面積は約2万平方メートル、一見するとお城のような建物で、中はまだ整備中です。今のところ鑑賞できるのは、建物の周辺の作品に限られていて、約130点が展示されています。

 流さんの代表作の一つ「サキモリ」。古代・北九州の守備にあたった兵士を表現しています。
 
 また、三味線のバチをモチーフにした「ナガレバチ」は、高松市美術館にも展示されています。

(記者)
「流政之美術館の特徴は、これらの作品を実際に触って鑑賞することができる点です」

 流さんは晩年までここで暮らし、作品を制作していました。美術館そのものも「流さんの作品」と言えます。設計から建設まで流さんは芸術家としてこだわり、少しずつ改築もしてきました。

(鑑賞に訪れた人はー)
「一般公開最初ということで申し込んで、せっかくですのでどういうところで仕事をされたか見たくて来ました。素敵な作品ばかりで良かったです」

(公益財団法人 流財団/香美佐知子 代表理事)
「流のファンは彫刻だけでなく、流政之という人物のファンも多くいると思うので、日本中だけでなく、世界から来て見ていただいて、こういう作家がこういう場所で、作品を制作して暮らしていたということを見ていただけたら」

 流政之美術館は毎週木曜日から土曜日まで開館していて、1日2回、午前と午後に分けて鑑賞が可能です。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【部活にほえろ!】“味わった”厳しさ…高校の部活を体験 高松市

2020年10月27日 18:50

 新人アナウンサーがさまざまな企画をお伝えしていますが、今回は在間アナの「部活にほえろ」です! 岡山・香川で部活動に青春を注ぐ皆さんや地域のスポーツチームを訪ね、部活やチームの魅力を紹介していきます。
 今回は高松市の高校を訪ねましたが…在間アナが悶絶の表情になってしまうほど厳しいロケでした。

シリーズ

  • 人がニュースになる。ニュースが人を元気にする。
    ローカルには、高い技術や志、強いこだわりを持って活躍している「人」がたくさんいます。
    このシリーズでは、そのような「人」にスポットを当てたグッドニュースを、WEB限定で配信していきます。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
    企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを、岡山・香川の高校生が紹介する。「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。
  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース