ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

あの味が帰ってきた! うどんの「さか枝」休業2カ月で再開 高松市

08月05日 18:15

 心待ちにしていたあの味が帰ってきました。香川を代表するうどん店「さか枝」が、約2カ月の臨時休業を経て5日から営業を再開しました。

(記者)
「さか枝が待望のリニューアルオープンです。その味を待ちわびたお客さんたちが、早速多くお店に訪れています」

 高松市番町にある人気うどん店「さか枝」。5日午前10時にリニューアルオープンし、再開を心待ちにしていた多くの客が訪れました。

(訪れた客はー)
「学生時代からずっと来とるから、また再開したから懐かしくてきょう来ました」
「おいしいですよ、前のさか枝と一緒やな」
「ほとんど味が変わってないんで、安心できて、また来ようかなと」

 昭和50年、1975年に、今の場所に店を開いた「さか枝」。セルフうどん店の先駆けとして営業を続けてきましたが、店主の坂枝良弘さん(77)が高齢となり、体調が思わしくないことから引退を決意。5月末から一時休業に入っていました。

 5日は再開初日とあって、良弘さんと妻の静江さんも応援に駆けつけました。

(さか枝/坂枝静江さん)
「今のところまずまずやな。お客さんは、うれしいなぁと思うよ」

(さか枝/坂枝直美さん)
「家でじっとしてるのが苦手みたいで、やっぱり仕事してるほうが楽しいみたいで、もう見ての通りニコニコしてます」

 約2カ月の休業中に店の設備などを更新。これまでは食べ終えた食器を手渡しで返していましたが、新たに返却棚も設置されました。

(さか枝 新店主/坂枝繁さん)
「朝からお客さん並んでいただいて、もう感謝しかないです、開いて良かったというお声を聞いて、すごく感動しました。(Q.うどんの味はどうなりましたかー)前と同じですね。同じです、まぁちょっとおいしいかなと」

 リニューアルした「さか枝」の営業時間は午前10時から午後3時までで、平日のみ営業しています。

〈新型コロナ〉岡山市で感染確認相次ぐ 14日以降4人が感染、大森市長が危機感をあらわに
(7月16日 18:16)
〈新型コロナ〉高松市で新たに30代の女性の感染を確認 32例目の男性の濃厚接触者32人のうちの1人
(7月16日 18:15)
豊島の太陽光発電所の建設問題 反対する住民側が「工事差し止め」の仮処分を申請 香川
(7月16日 18:15)
勤務実態のない臨時運転手に給料を支払っていた問題 百条委で友実市長に対する証人喚問「一連の問題について深く責任を感じている」 岡山・赤磐市
(7月16日 18:15)
〈新型コロナ〉路面電車に感染症対策のロボット 全国初の取り組みが岡山で始まる
(7月16日 18:15)
解体中の建物を利用し救助訓練!機動隊が鉄筋コンクリート壁に機械で穴開け 香川県警
(7月16日 18:15)
まるで夜の海中をのぞいてるみたい…四国水族館で期間限定「夜の水族館」 香川・宇多津町
(7月16日 18:15)
なんと見頃は8月中旬まで!標高900メートルのお寺でアジサイと五百羅漢が共演 四国霊場66番札所・雲辺寺
(7月16日 18:15)
ビール工場で絶滅危惧種の保全活動 ドジョウの仲間アユモドキの稚魚の調査 岡山市
(7月16日 18:15)
あなたが「香川を元気に」するなら?コンペ開催へアイデア募集 選考通過で実現を支援 香川大学大学院
(7月16日 18:15)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】〈新型コロナ〉今年はどうなる? 夏休みの旅行

2020年07月16日 18:50

 新型コロナウイルスの影響で今年は感染症対策を行う中、夏休みを迎えます。落ち込んだ観光産業を支援するため、22日から全国一斉に「GoToキャンペーン」が始まる予定でしたが、政府は東京を対象外とする方針を固めました。
 そうした中、今年の旅行の傾向はどうなるのでしょうか。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション