ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

地元住民の要望で岡電バスが延伸 「高齢者の足」どこまで提供できるのか 岡山市

2019年07月19日 18:15

 岡電バスの路線が岡山市北区尾上に新しくできたバス停まで延び、記念の出発式が行われました。

(記者)
「地元住民の要望により、尾上バス乗り場から約600メートル北に新しいバス停が設置され、バスが利用しやすくなりました」

 出発式には、両備グループの職員やバス路線の延伸を希望した住民ら約40人が集まりました。

 新しいバス停の名前は、「尾上かみ」。もともとの終着点は、「尾上しも」になりました。尾上町内会が住民の生活を便利にするため、バス路線を延ばしてほしいと岡山市に要望を出したことがきっかけです。

 花尻入口・尾上線は、「尾上かみ」から「岡山駅西口」までを260円で1日11本運行します。

(両備グループ/小嶋光信 代表)
「地元の人たちの声に応えていく。これは公共交通としては非常に大事だろうというふうに思います」

 出発式のあと、バスに地域の住民が乗り込み、運行する経路を走りました。

(尾上町内会 会長/石原悦男さん)
「スーパーが近くにないことと、内科医と小児科とかそういう病院がないんでね。そこへ通うのに車がない方はね、非常に不便をしてたんでね。非常に便利になりましたね」

 一方で、バス路線が延びても生活が便利にならない住民もいます。新設のバス停から歩いて5分の家に住む代々美和子さん(86)。去年に腰の骨を折り、長い距離を歩くことができません。

(代々美和子さん)
「道も狭いし、バス入らないからね。不便なとこですよ」

 普段は娘さんの車に乗せてもらわないと買い物や病院には行けません。

(記者)
「普段の買い物とか病院の用事は(新しいバス停から)行けますか?」

(代々美和子さん)
「まぁちょっと病院は無理でしょうね。病院はバス通ってる近くはないですからね」

 高齢者の足をどこまで実態に即して提供できるのか。難しい課題です。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】元アスリートの女性が宮司を目指す!由緒ある神社で日々修行中 香川・坂出市

2020年07月30日 18:50

 香川県坂出市の神谷神社の本殿は、今から約800年前の鎌倉初期に建てられました。当時の建築様式で現存する建造物としては日本で最も古く、1955年には国宝に指定されました。
 この由緒ある神社の宮司を目指して、元アスリートの女性が修業を続けています。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース