ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

西日本豪雨で被災し、休業していた信金が営業再開 復興に向け相談しやすい店舗に 倉敷市真備町

05月24日 18:15

 西日本豪雨で被災し、臨時休業していた倉敷市真備町の信用金庫が営業を再開しました。

 吉備信用金庫の川辺支店と真備支店は、去年の西日本豪雨で被災。融資など復興に向けた相談がしやすい支店に建て替え、リニューアルオープンしました。

(記者)
「店に入るとまずコンシェルジュがいるカウンターがあります。相談しやすい店舗づくりがされています」

(医療保険の手続きに来た人は-)
「移動の店舗でやってました。店舗は印鑑が使えないので待ってました」

(預金に来た人-)
「釣りを1年集めてる。よそへ持って行ってもいいんじゃけど、1年貯めてずっとここでやっとたけんな。復興の記念日にな」

(自宅に戻った人は-)
「帰ってくれば友達がおりますから。疎開してたら、話し相手はおりゃあへんし便利は悪いしね」

(口座開設に来た人は-)
「私も被災して不安だった時が多かったんですけど、警察の方がパトロールとかをたくさんしてくれて、それが心の支えになったりしたんで、私も警察官になりたいと思っています」

(吉備信用金庫 川辺支店/内田耕輔 支店長)
「この10カ月の間もいろんな方に励ましもいただいていますので、そういった期待に応えられる地域金融機関として、職責を全うしていきたいと考えております」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】〈新型コロナ〉今年の夏、海とプールへの影響は? 岡山

2020年07月13日 18:50

 新型コロナウイルスの影響で岡山、香川でも今年の夏、営業しない海水浴場やプールが少なくありません。

「海開き」を断念した玉野市は地域の問題を解決するために「苦渋の決断」をしました。一方、プールの営業を決めた民間施設も感染症対策の「不安」を抱えていました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション