ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

「掃除を通して心をきれいに」小学生が雑巾掛けのコツを教わる 高松市

2019年05月14日 18:15

 高松市の小学生が、地域の女性たちに雑巾掛けのコツを教わりました。

 この取り組みは、JA香川県の女性部が子どもたちに掃除の大切さを感じてもらおうと、2017年から行っているものです。

 14日は高松市の亀阜小学校の1年生、約100人が雑巾の絞り方や掃除の仕方などを教わりました。床は木目に沿って拭くと、よりきれいにできるということです。このほか、机や黒板など約30分かけて、教室の隅々まで丁寧に雑巾掛けをしました。

(児童はー)
「めっちゃ汚れた。隙間とか汚れとった」
「(Q.雑巾掛けはよくする?)そんなしない(Q.やってみてどうだった?)嬉しかった」

(JA香川県高松市中央地域女性部/山下八重子 部長)
「お部屋をきれいにとか、掃除を通して心をきれいにしてもらいたいと思います」

豊島の太陽光発電所問題 5月末に住民説明会を開催へ 香川
(5月14日 18:17)
中学校で天井からモルタル落下「ドアを閉めると、ドンと」 老朽化が原因か 香川・坂出市
(5月14日 18:15)
きれいな町づくりを クリーン作戦で自転車マナー向上を呼びかけ 岡山市
(5月14日 18:15)
ちびっ子ポリス「運転中に電話見ないでね」  交通安全を呼びかけ 岡山市
(5月14日 18:15)
災害時の救助や物資の運搬を行う 水陸両用バギーが消防局に配備 岡山・倉敷市
(5月14日 18:15)
JICA理事長が香川の企業視察 国際的目標の達成に向けて連携を
(5月14日 18:15)
「掃除を通して心をきれいに」小学生が雑巾掛けのコツを教わる 高松市
(5月14日 18:15)
学びたい気持ちを後押し…岡山自主夜間中学 旧校舎を活用し授業スタート
(5月14日 18:15)
約1万5000株のシャクナゲが色鮮やかに ヒルゼン高原センターで「しゃくなげ祭り」 岡山・真庭市
(5月14日 18:15)
鳥たちの保全を考えるバードウイーク ~春から初夏の野鳥たち~ 岡山
(5月14日 18:15)
瀬戸内国際芸術祭で高松市もにぎわう 前回の来場者数を上回った島も
(5月14日 16:45)
国立ハンセン病療養所 邑久光明園が創立110周年 岡山・瀬戸内市
(5月14日 16:45)
香川県警で初、性犯罪の捜査員に男性警察官を任命 法改正に対応
(5月14日 11:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】新型コロナの影響で受診者が減る「がん検診」 検診の現状と課題は? 岡山

2020年09月17日 18:50

 今年は新型コロナウイルスの影響で、がん検診を受ける人が大きく減っています。岡山県でも4月から7月までの受診者は、例年の約2割まで減りました。
 こうした状況で心配されているのは、がんのリスクが上がることです。早期発見が大切な「がん」。検診の現状と課題に迫ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース