ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

うどん県・香川で「そば」が勝利!食べ比べ投票結果に知事も苦笑!?

01月09日 17:00

 うどんの消費量全国一、うどん店の数がコンビニより多いことでも知られる香川県で、カップうどんとそばを食べ比べて人気投票するイベントが行われました。

 東洋水産が「赤いきつね」発売40周年を記念して、去年10月から行っている食べ比べキャンペーンです。
 高松市の商店街の特設ブースでは、「赤いきつねうどん」と「緑のたぬき天そば」のミニサイズを無料で配布。両方をその場で食べ比べます。

 WEB投票を含め、今のところ「赤いきつね」がややリード。全国7カ所で行われた食べ比べイベントでは、東京や名古屋で「赤」が優勢な一方、大阪や福岡で「緑のたぬき」が上回るなど結果が分かれています。
そこで、讃岐うどんの本場・香川が「最終決戦」の地に選ばれたのです。

(東洋水産 四国営業所/吉川亮さん)
「ちょっと予想がつかないんですけど、舌が肥えた香川県民に赤いきつねうどんっていうのが受け入れられているかどうか気になりますね。そばのほうが勝ったらそれはそれで、香川県にもそば好きの人がたくさんいるんだなというのが分かるので、非常に面白いなと思ってます」

(岡﨑夢リポート)
「食べ終わった皆さん、おいしいと思った方にシールを貼っていってるんですが、今のところ、互角の闘いです」

(「赤」に投票した人はー)
「私はおうどんのほうが好きです。おつゆがおいしいです。(Qいつもうどんのほうが多い?)そうですね、うどんばっかり」
「だしが、かつおだしですかね?好みの味だったので。結構迷います、乗ってるおあげと、たぬきのほうの天ぷらが好きなので」

(「緑」に投票した人はー)
「ふだんは(赤い)きつねばっかり食べてます。(Q.緑のたぬきを食べてみて?)おいしかったです。この天ぷらがおいしかったです」
「そばはあんまり食ってないからね、その点いくと、そばのほうがちょっと新鮮かなと」

 約2時間半で、あわせて209人が食べ比べを行いました。より多くの票を集めたのは?

(東洋水産 四国営業所/吉川亮さん)
「僅差ですが、緑のたぬきの勝利です。」

 「赤いきつね」100票に対し、「緑のたぬき」109票。9票差で、そばに軍配が上がりました。

 「うどん県」に改名する広報展開でも注目を集めた香川県の浜田知事に結果を報告すると…

(香川県/浜田恵造知事)
「これはほとんど同数に近い…。そばは香川県では珍しいと思いますから、そちらを選ぶというのはあり得るんじゃないか。そば屋さんというのは街中にほとんどないですから、食べてみたことがないという。逆にうどんはいっぱいありますから、みんなそれぞれ一家言持ってますから」

 「赤いきつね」と「緑のたぬき」の食べ比べ投票キャンペーンは、1月31日までWEBで投票を受け付けています。
 最終結果で勝った色が、負けた方の具材を取り込み、「赤い“たぬき“うどん」または、「緑の“きつね“そば」を5月に発売予定です。

山口組と神戸山口組の抗争事件とみて捜査 岡山市の暴力団事務所の駐車場で神戸山口組の幹部が銃撃される 岡山市
(5月31日 15:14)
〈新型コロナ〉緊急事態宣言の解除から2週間街の人出増え徐々に活気取り戻す 高松市
(5月31日 15:05)
果物の女王マスカット・オブ・アレキサンドリアの出荷が始まる 岡山・総社市
(5月31日 13:18)
四国地方が梅雨入り平年より5日早く5月に梅雨入りするのは7年ぶり 高松市
(5月31日 11:40)
4年前に射殺された暴力団幹部の法要の日に 神戸山口組系暴力団幹部ら銃撃され重傷 山口組系の組員を逮捕 岡山市
(5月30日 19:55)
繁華街の神戸山口組系組事務所前で組の幹部ら2人が銃撃される 山口組系の暴力団幹部逮捕 岡山市
(5月30日 17:00)
食品ロス削減へ うどん店が廃棄していた規格外のうどんを利用客に無料配布 香川・宇多津町
(5月30日 11:09)
4歳の息子に蹴るなどの暴行を加えけがをさせた父親を傷害の疑いで逮捕 香川・丸亀市
(5月30日 10:04)
〈新型コロナ〉新型コロナウイルスの影響で職を失った市民を救済するため岡山市が約50人を臨時職員として緊急雇用 岡山市
(5月30日 08:59)
〈新型コロナ〉手術着の不足、第2波への備え…香川県の指定医療機関が直面する問題とは
(5月29日 18:15)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】俳優・石井正則さんが撮るハンセン病療養所の今 強制隔離の記憶を伝える

2020年05月29日 18:50

 俳優、ナレーターとして活躍する石井正則さん。全国のハンセン病療養所をめぐり、大型カメラで療養所の「今」を撮り続けています。そのきっかけになったのが高松市の大島の「強制隔離」の記憶でした。石井さんに活動への思いを聞きました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション