ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

ご当地アイドルが 「おかやま果物時間」の 応援団に就任 県産フルーツをPR

08月17日 18:15

 岡山のご当地アイドルが岡山県産の果物をPRする観光キャンペーン「おかやま果物時間」の応援団に就任しました。

 応援団に就任したのはご当地アイドル、「Sha☆in(シャイン)」のメンバーです。
 「おかやま果物時間」は、岡山県産の果物をPRする観光キャンペーンで、7月1日に始まりました。

(シャイン/星川愛美さん)
「おかやま果物時間を私たちの持ち前の明るさや元気で、精一杯盛り上げていけるように頑張っていきます」

(岡山県/伊原木隆太 知事)
「ああいう災害があって、今ちょっと皆さんから忘れ去られた状態ですので、ここでもう一度皆さんに思い出していただいて」

 応援団の委嘱式は、もともと7月9日の予定でしたが、西日本豪雨の影響により40日ほど遅れての実施です。
 メンバーには身内が農家という人もいて、豪雨での果物被害は他人事ではなかったようです。

(祖父がマスカット農家 シャイン/星川愛美さん)
「水びたしとかになってしまって、育たなくなった果物もあるって聞いてるんですけども、私たちの力で少しでも笑顔になれる人が増えたらなと」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】あまりの古さが大人気?引退危機の「おんぼろバス」を残したい社長の思いとは 香川・女木島

2019年10月10日 18:50

 今回の特集は通称「おんぼろバス」についてです。

 高松市の女木島を30年以上走ってきたバス。潮風にさらされ車体はさびついています。しかし、このあまりの古さが人気となり、ここ数年、写真を撮りに島を訪れる人も。
 今年の5月に車検が切れ、修理も難しいと言われたそうですが、それでも、なんとか、もう一度走らせようとする社長の思いをお伝えします。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

-%

情報提供:中国電力

四国地方

-%

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション