ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

「外観の芸術性より機能性・収益性重視を」新香川県立体育館 県議会特別委が提言

06月15日 18:15

 サンポート高松に整備する、新しい香川県立体育館について施設の内容を調査・検討する県議会の特別委員会が、「外観の芸術性より機能性や収益性を重視すべき」などと香川県に提言しました。

 15日に開かれた香川県議会の特別委員会で、施設の整備に関する提言書をまとめて県側に伝えました。

 新しい香川県立体育館は、サンポート高松の北側、3.6ヘクタール余りの敷地に県が整備するもので、最大収容人数は1万人以上です。建設工事費は、県の試算で170億円から190億円で、2023年度に完成予定です。

 提言書では「外観のデザインなどの芸術性よりも、機能性や収益性を重視すること」「設計業者を選ぶ審査委員に提言内容を伝えること」など8項目を踏まえた上で設計業者を選ぶことを求めています。

 設計業者の選定を巡っては5月22日に2次審査が行われ、香川県は当初、6月上旬に結果を発表する予定でした。

(香川県議会特別委員会/大山一郎 委員長)
「収益性であるとか利便性であるとか県民のためになるものを少し時間をかけてでも造っていくということが大切であると思っております」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】西日本豪雨から約1年 生き残ったダルマガエルの今 倉敷市真備町

2019年06月26日 18:50

 今回の特集は生き物ワールドです。まもなく発災から1年の西日本豪雨は、生き物の生息地も襲いました。
 そんな中倉敷市真備町に生息する絶滅危惧種、ダルマガエルが繁殖シーズンを迎えています。豪雨のダメージが懸念される現地を、生き物大好き佐桑記者が取材しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

6月27日(木) 11時00分更新

86%

使用量 806 万kw
ピーク時供給力 932 万kw

情報提供:中国電力

四国地方

-%

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション