ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

郷土出身ジャーナリストにちなみ…使わなくなった筆を供養 岡山

06月07日 18:15

 郷土出身のジャーナリストにちなんだ行事でした。使わなくなった筆を供養し、書道の上達を願う筆供養が岡山県吉備中央町で行われました。

 岡山県吉備中央町の円城寺です。

(記者)
「筆供養はこちらの落書きを書いた人の命日に合わせて行われます」

 6月7日は、岡山県美咲町出身で、江戸から明治にかけて活躍したジャーナリスト岸田吟香の命日です。
 吟香は上京する前に自分の決意を落書きとして残していて、今も大切に保管されています。吟香は書の達人としても知られていました。

(円城寺/天艸眞諦 住職)
「息子の岸田劉生さんのほうが有名だったりするんですけども、吟香さんも、もっといろんなところで再評価されたらそれに越すことはないと思います。」

 供養する筆は約1000本。ほとんどは県内から郵送で届けられましたが…

 倉敷市で書道教室を開いている女性です。

「子どもらがね一生懸命使った筆ですから、上達を祈願してね」

 4年前に夫に先立たれた女性も夫の筆を供養しに。

「体が不自由になっても最後の筆を使ってたのを1本残してたんですよ。筆供養していただいたらあちらまで届くかなと思って」

 寺の境内には護摩壇が用意され、住職が祈祷しながら筆を火にくべていきました。
 筆を持ってきた人や近所の人たちが見守る中、筆は赤い炎に包まれ、立ち上る煙は梅雨の晴れ間の青空に溶けていきました。

(4年前に夫に先立たれた女性はー)
「(Q.どういうことをご主人に伝えたいですか?)現在も元気でやっているということと、孫たちも大きくなっているということ」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】西日本豪雨から約1年 生き残ったダルマガエルの今 倉敷市真備町

2019年06月26日 18:50

 今回の特集は生き物ワールドです。まもなく発災から1年の西日本豪雨は、生き物の生息地も襲いました。
 そんな中倉敷市真備町に生息する絶滅危惧種、ダルマガエルが繁殖シーズンを迎えています。豪雨のダメージが懸念される現地を、生き物大好き佐桑記者が取材しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

6月27日(木) 3時00分更新

65%

使用量 606 万kw
ピーク時供給力 927 万kw

情報提供:中国電力

四国地方

6月27日(木) 3時00分更新

53%

使用量 266 万kw
ピーク時供給力 502 万kw

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション