ホーム > 会社見学 > 岡山市立藤田中学校

会社見学

これまでの見学者

たくさんの方が Park KSB へ見学に来てくれました。その時の様子をご紹介します。

岡山市立藤田中学校 / 猶原 蓮太郎 さん

2016年5月18日(水)・19日(木)
今回、僕がこの職場体験で学んだことは、働くことの大切さと大変さです。僕たちはまだ働くような年ではありませんが、体験先である瀬戸内海放送に行き、社会に出て働くことがとても大切で、大変だと感じました。瀬戸内海放送に行きますと、最初にいろいろなテレビ局の事やニュースのことを教えてもらい、視聴率の集計の仕方など知らないこともたくさんあり、驚きました。その後、実際に番組を収録しているところやニュースを編集しているところ、そして取材に同行したときに分かったのは、テレビで放送するたった何分何秒の間に、テレビで放送までの間に、たくさんの人たちが関わっていることを知りました。なので、次からテレビを見るときは、裏で、その番組ができるまでにいろんな人たちが関わっていることを意識してみたいと思いました。

岡山市立藤田中学校 / 藤堂 駿一 さん

2016年5月18日(水)・19日(木)
僕はこの職場体験でいろいろな事を学びました。今まで普通にテレビを観ていたけどその裏側では、カットが何回もかかったりしてとても大変だと思いました。特にニュースでは取材の原稿を書き、映像の編集をして本番になるとテロップの出すタイミングを自分で考えて出すのでとても緊張するし、失敗して間違った情報を流すといけないのでとても責任感のある仕事だと思いました。取材では実際にインタビューをさせてもらいました。とても緊張してあまり大きな声でインタビューできなかったけどとても貴重な体験をする事が出来ました。
この二日間KSB瀬戸内海放送で学んだことをこれからの生活、将来に活かしていきたいです。これからテレビを観る時は記者の方や編集の方の大変さも意識して観るようにしたいです。

どうもありがとうございました!