ホーム > 報・動・力

報・動・力

報道には、人を、街を、社会を動かす力がある─エリアで問題になっていることや地域の人々が悩んでいることから毎回テーマを設定。若い人たちと共に地域の今と未来を考え、エリアの人と人をつなぎ、声を掘り起こし新たなムーブメントを起こす!

報・動・力で『取り上げてほしいこと』『知りたいこと』募集!!

>>詳しくはこちら

ナビゲーター:多賀 公人

岡山県玉野市出身。
KSBスーパーJチャンネルのキャスター
「人と人、地域と地域の懸け橋となりたい。」

写真:多賀 公人

テーマ

放送日未定

第64回「テーマ未定」

次回の放送日、内容は未定です。
決まり次第、お知らせします。

前回のテーマ

2019年3月16日放送

第63回「この矢は折れない~地域プロチームを自分ごと化~」

野球、サッカー、バスケ、アイスホッケー。
香川県には4つのプロスポーツチームがありますが、
集客面ではいずれも課題を抱えています。
そんな中、2月に小豆島で行われたプロバスケ公式戦では
島民らで結成した盛り上げ隊「小豆島アローズ」が
試合を「みんなでつくる」ことを目標に掲げました。

中心となったのは、小豆島スポーティーズの渡部勝之さん。
かつてファイブアローズの球団運営に携わっていましたが、
経営難の中、チームを離れ、小豆島に移住した人物です。
渡部さんが提案するのは、球団と地域の人が
「サービスの提供者」と「受け手」になる関係ではなく
皆が作り手になって、チームや試合を
「自分ごと化」するという新たな関係です。
数々のユニークな取り組みと、関わった島民、球団スタッフの変化。
そして、渡部さんの思いに迫ります。

報・動・力バックナンバー